メインメニューを開く

平林盛人

平林 盛人(ひらばやし もりと、1887年11月10日 - 1969年5月21日)は、日本陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍中将

平林 盛人
生誕 1887年11月10日
日本の旗 日本 長野県
死没 (1969-05-21) 1969年5月21日(81歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1907 - 1945
最終階級 陸軍中将
除隊後 穂高町
碌山美術館館長
テンプレートを表示

目次

経歴編集

長野県南安曇郡穂高町(現在の安曇野市)出身。旧制大町中学(現在の長野県大町高等学校)卒業後に陸軍士官学校に入学(21期)。同期には石原莞爾がおり、親しい間柄であった。1907年5月卒業。翌月、歩兵少尉任官。1920年11月、陸軍大学校(31期)を卒業。

参謀本部米班所属として約1年にわたり欧米視察を行なった後、第4師団歩兵第8連隊長、第16師団参謀長、満州国軍政部最高顧問憲兵司令官第17師団長を歴任。1943年予備役編入されると官選の長野県松本市の第4代市長となるが、任期途中の1945年に再召集を受け市長職を辞し、長野師管区司令官となり松代大本営の建設に携わる。

戦後電線工場の工場長や穂高町教育委員を歴任した後、1954年穂高町長選挙に出馬し初当選。地元出身の彫刻家・荻原碌山を記念した「碌山美術館」の建設に尽力し、1958年に開館すると初代の館長を務めた。

太平洋戦争開戦への批判編集

太平洋戦争(大東亜戦争)開戦直後の1941年12月、第17師団長の職にあった平林は中国・徐州の師団本部で部下を前に「現在の日本は真珠湾攻撃などで沸き立っているが、1年もすれば劣勢に追い込まれる」「陳腐化した日本軍の装備で近代化された欧米に歯が立たないことはノモンハン事件で立証済みである」「中国戦線が泥沼化している中で、英米相手に戦う余力はほとんどない」とこの開戦を厳しく批判し、さらにその矛先は、平林とは不仲と言われていた東条英機首相にも向けられ「彼は総理大臣、陸軍大臣(当時の東条は兼任でこの二つの職にあった)の器ではない」と述べたという。

この演説は部下の間で「他言無用」とされ、これが明らかにされたのは2009年のことであった[1]。戦局はほぼ平林の批判のとおりとなる。

その他編集

平林が歩兵第8連隊長の職にあった当時、陸軍は現在の大阪府大阪市住之江区に所在していた管轄地を払い下げし、その地にはその責任者であった彼にちなんで「平林」という名が付けられたという説がある(現在の地名は「平林北」「平林南」)。

家族編集

脚注編集

外部リンク編集