メインメニューを開く
 
平永盛
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 永成、平群将軍
官位 従五位下鎮守府将軍
主君 元正天皇聖武天皇
氏族 平群氏桓武平氏
父母 父:平群利方、母:平貞盛
平季信娘
頼義
テンプレートを表示

平 永盛(たいら の ながもり)は、平安時代中期の軍事貴族。名は永成とも。『平群系図』『安西氏系図』によれば、常陸介・平群清幹の孫で、秋田城介平群利方の子で、母は平貞盛の女であるが、外叔父平維叙の猶子となり、平姓に改めたという。従五位下鎮守府将軍に叙任され、平群将軍と号す。

経歴編集

長保3年(1001年)7月東三条院案主として初見[1]寛仁元年(1017年敦良親王立太子に際して春宮坊の陣頭を命じられるが、時に従五位下・中務権少輔であった[2]。寛仁2年(1018年1月23日、鎮守府将軍に任じられる[3]。寛仁3年(1019年)6月陣定で審議すべき雑事を申請しているが[4]、その内容は明らかでない。

系図によれば、平季信の女を娶って子の頼義を儲けたが、安房国安西氏はこの子孫であるという。また、和泉国日根野氏も永盛の子孫とされる[5]

脚注編集

  1. ^ 権記』長保3年7月27日条
  2. ^ 立坊部類記
  3. ^ 東京大学史料編纂所蔵『安西氏系図』
  4. ^ 小右記』寛仁3年6月22日条、同月29日条
  5. ^ 鈴木真年編 『百家系図稿』巻2「日根野」(宝賀寿男編著 『古代氏族系譜集成 上巻』 古代氏族研究会、1986年)

参考文献編集

  • 大日本史料』2編14冊、寛仁3年6月29日条
  • 槙野広造編 『平安人名辞典 ―長保二年』 高科書店、1993年、NCID BN08807071
  • 竹居明男 「平永盛」(『平安時代史事典』 角川書店、1994年、ISBN 9784040317007