璃香子(りかこ、1989年8月7日 - )は、日本タレントヨーガインストラクター。Mousa所属。愛知県出身。本名および旧芸名は平田 璃香子(ひらた りかこ)。女性アイドルグループSKE48の元メンバーである。

りかこ
璃香子
プロフィール
別名義 平田 璃香子(本名)
愛称 リッキー
メアリー
りかちゃん
生年月日 1989年8月7日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本愛知県みよし市
血液型 A型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 160 cm / kg
活動
デビュー 2008年
ジャンル タレントヨーガインストラクター、元アイドル
モデル内容 一般
備考 元SKE48 チームS
事務所 ジョイナス エンターテインメント→Mousa
その他の記録
世界遺産検定 2級
モデル: テンプレート - カテゴリ

略歴編集

  • 2008年7月31日、『SKE48オープニングメンバーオーディション』に合格。
  • 2008年10月5日、『SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」』公演において、選抜メンバー16名のうちの1人として公演デビュー。
  • 2009年3月、選抜メンバー16名がチームSへ移行し、チームSのメンバーとなった。
  • 2011年3月9日リリースの5thシングル「バンザイVenus」において「強き者よ」以来の選抜入りを果たす。
  • 2012年8月7日、『制服の芽』公演においてSKE48からの卒業を発表。卒業後は地元テレビ局などで自らの目標であるリポーターの仕事を希望。AKB48グループでチームのリーダー・キャプテンが卒業を発表したのは、初めてであった[1]
  • 2012年10月23日、ダイアモンドホールで開催された『制服の芽出張公演』にて、卒業公演を実施[2]
  • 2012年11月30日、SKE48を卒業[3]。以後、中西優香がリーダーに就くまで、チームSのリーダーは不在となる。
  • 2012年12月1日、この日幕張メッセで開催された「『ギンガムチェック』劇場盤発売記念大握手会」をもって、SKE48としての活動を終了した。
  • 2013年2月1日、かつて出演していた中京テレビラッキー!!』に2か月ぶりに出演。レギュラー復帰によって活動を再開した。
  • 2015年7月1日、自身のメールマガジン(その後閉鎖)において「芸能以外の新たな道を歩んで行こうと思う」と、芸能界からの引退を発表した。最後のレギュラー番組となったCBCテレビ『なないろDREAM TV』(東海ローカル)には同年9月まで出演。
  • 2015年9月30日、所属事務所の契約満了により、芸能界を引退。
  • 2019年10月1日、芸名を璃香子に改名し、Mousaと所属タレント契約を結んで4年ぶりに芸能界に復帰[4][5]

人物編集

  • 愛称は、メアリー、リッキー[6]
  • 好きな食べ物はミルクレープ・ドーナツ[7]
  • 趣味は舞台鑑賞、帽子あつめ[6]
  • 特技はエレクトーン[6]

SKE48編集

  • チームSのリーダーを務め、かつSKE48全体のリーダーとしての役割も務める存在[8]
  • SKE48「二次元同好会」の仮入部員[9]
  • 元チームKIIの松本梨奈と『チーム妖精』を組んでいた。「羽豆岬」のPV撮影の際に仲良くなった[10]
  • 通称”るみパンダ”の加藤るみをいじめる『るみパンダ撲滅委員会』の攻撃から、加藤を守る趣旨で結成された『るみパンダ愛護委員会』会員[11]
  • 松井玲奈は『りかたま』と呼んで、姉のように慕っている[12]
  • 『ポリーしゃん』という名の小さいピンクのぬいぐるみを携行している[13]
  • 仕事などでホテルに泊まる際、一人部屋のときに限り、寝るときは全裸。解放感がたまらないというのが理由[14]

SKE48在籍時の参加曲編集

シングルCD選抜曲編集

SKE48名義

AKB48名義

アルバムCD選抜曲編集

AKB48名義

劇場公演ユニット曲編集

チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

チームS 2nd Stage「手をつなぎながら」公演

  • チョコの行方 (1st UNIT)
  • この胸のバーコード (2nd UNIT)

チームS 3rd Stage「制服の芽」公演

  • 万華鏡 (1st UNIT)
  • 女の子の第六感 (2nd UNIT)

出演編集

バラエティ番組編集

ドキュメンタリー番組編集

  • 玉木宏の歴史タイムトリップスペシャル 戦後70年教科書から消された英雄 〜韮山反射炉を造った江川英龍(2015年6月7日、BSフジ) - リポーター[15]

ラジオ編集

ネット配信編集

CM編集

  • 「トヨタカローラ中京・トヨタカローラ名古屋・トヨタカローラ岐阜」 - インフォマーシャル。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “SKE平田璃香子が卒業発表”. 日刊スポーツ. (2012年8月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20120807-996912.html 2015年3月13日閲覧。 
  2. ^ チームS制服の芽公演 平田璃香子卒業公演”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE (2012年10月24日). 2015年3月13日閲覧。
  3. ^ 平田璃香子卒業のお知らせ”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE (2012年11月30日). 2015年3月13日閲覧。
  4. ^ “~璃香子 弊社所属に関してのご報告~” (プレスリリース), Mousa, (2019年10月1日), http://www.mousa-net.com/news/rikako/5186.html 2010年6月1日閲覧。 
  5. ^ 璃香子 [@rikako187] (2019年10月2日). "改めまして…" (ツイート). Twitterより2010年6月1日閲覧
  6. ^ a b c SKE48 | プロフィール | 平田璃香子”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. AKS. 2011年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  7. ^ 公式プロフィールより
  8. ^ 集英社週刊プレイボーイ』増刊 「SKE48×週刊プレイボーイ 2012」P42。
  9. ^ 光文社「SKE48 COMPLETE BOOK 2010-2011」P143より。
  10. ^ 『SKE48学園』より。
  11. ^ 光文社「SKE48 COMPLETE BOOK 2010-2011」P142より。
  12. ^ 松井玲奈 (2010年10月16日). “(解・ω・説)”. SKE48オフィシャルブログ. 2015年3月13日閲覧。
  13. ^ 桑原みずき (2010年12月24日). “桑原★ポリーの謎”. SKE48オフィシャルブログ. 2015年3月13日閲覧。
  14. ^ 『見逃した君たちへ 手をつなぎながら』公演 MCより。
  15. ^ 玉木宏の歴史タイムトリップスペシャル”. BSフジ. 2015年6月12日閲覧。

外部リンク編集