メインメニューを開く

平田 盛胤(ひらた もりたね、文久3年8月14日1863年9月26日) - 1945年昭和20年)[* 1]2月28日[2][3])は、日本の神職国学者美濃国(後の岐阜県南部)出身、東京帝国大学(後の東京大学)文学部古典講習科卒業。首府神社界の1人とされる[2]

平田 盛胤
宗教 神道
寺院 神田神社
聖職 社司
個人情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 戸沢盛定
(1863-09-26) 1863年9月26日
美濃国
死没 (1945-02-28) 1945年2月28日(81歳没)[* 1]
両親 戸沢盛恭(実父)
平田延胤(養父)
出身校 東京帝国大学文学部古典講習科
地位
肩書き 東京府神職会 会長
任期 1933年 - 1936年
就任日 1933年
経歴
過去の地位 東京府神職管理所 所長
東京府皇典講究分所 所長
全国神職会 顧問
平田 盛胤
人物情報
学問
研究分野 国学
研究機関 国語伝習所
国文国語専門学校
大成中学校、他
影響を
受けた人物
本居豊穎[1]
影響を
与えた人物
宮地厳夫
テンプレートを表示

目次

経歴編集

父は美濃郡代(美濃国代官)を勤めた旗本戸沢盛恭で、旧名を戸沢盛定と称した[4]。美濃国羽栗郡笠松町生まれ[5]1886年(明治19年)頃に平田銕胤の長男平田延胤の養子となり、盛胤と改名した[4]

岐阜県師範学校(後の岐阜大学)、東京帝国大学を経て[2]1894年(明治27年)に東京の神田神社の社司を拝命した[2][4]。帝大在学中あるいはそれ以前の著作として『文稿』があり、これは「戸沢盛定」名で著されている[6]

1898年(明治31年)に東京府神職管理所の所長、1899年(明治32年)に東京府皇典講究分所の所長、1903年(明治36年)に全国神職会の顧問を歴任し、1917年(大正6年)には神田神社の社司として奏任官待遇を受け、1933年(昭和8年)から1936年(昭和11年)までの3年間、東京府神職会の会長を務めた[2]

その間、1913年(大正2年)の江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜の死去に際しては、本人の希望により、父徳川斉昭同様神葬が執り行われ、盛胤が祭主を勤めた[7][8]。また、1928年(昭和3年)に平将門の首塚が復元された際には、社司として慰霊祭を執り行っている[9]。将門の没後千年にあたる1940年(昭和15年)にも将門千年祭を執り行った[9]1942年(昭和17年)の真珠湾戦没英霊の国葬では、斎主として奉仕した[2]

神職の他に、岐阜県師範学校卒業後に訓導敬恪小学校[5]校長、帝国大学卒業後に東京高等女学校教諭、東京府尋常師範学校教授を歴任した。国語伝習所では講師を勤めた[10]平田鐵胤の門人である歌人・国学者の林甕臣[* 2]1891年(明治24年)に神田に設立した国文国語専門学校では、林と共に国文国語和歌や速記術を教授した[12]。明治から昭和期にかけては、神田三崎町の大成中学校に教員として勤めた[10]。盛胤に国学を学んだ教え子の1人に、国学者・神職の宮地厳夫がいる[13]

関東大震災後には、復興事業にも尽力した[1]。震災後に再建された神田司町の町名の命名者でもあり、「司」の名には「者の頭領なれば未来永劫栄ゆること疑いなし」の意味が込められている[4]

戦争中は秋田へ疎開し、疎開先で死亡[1][* 1]

人物評編集

1925年(大正14年)の新聞記事で「神道の才子 平田盛胤[* 3]」と題し、「風采ははなはだ立派で押し出しがよい[* 3]」「国学に篤く、漢文口調の文章もお得意で、祭文は臨機応変のものをよみ、なるほどとうなづかしめるところは手なれたもので、この点は他に見ない巧妙さをもっている[* 3]」「才子肌の切れ者[* 3]」「神道界の一人格者[* 3]」と評されている[14]

大成中学校では、卒業生たちの誰もが教員の筆頭として挙げる存在であった[10]。威風堂々とした美男子で、常に和服で通し、学生たちから「あそん(朝臣)」の仇名で呼ばれた[10]

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ a b c 神田明神史考刊行会 1992, p. 166には「昭和21年(1946)2月28日、疎開先の秋田で客死。」とある[1]
  2. ^ 林 甕臣(はやし みかおみ、1845年(弘化2年)2月3日 - 1922年(大正11年)1月8日)。明治・大正期の歌人・国学者。江戸出身[11]
  3. ^ a b c d e 大正昭和新聞研究会 1987, p. 808より引用。
出典
  1. ^ a b c d 神田明神史考刊行会 1992, p. 166
  2. ^ a b c d e f 神社新報社 1986, p. 253
  3. ^ 平田盛胤”. NACSIS-CAT. 国立情報学研究所. 2018年11月21日閲覧。
  4. ^ a b c d 平田盛胤”. 千代田区観光協会 (2015年). 2018年11月21日閲覧。
  5. ^ a b 成瀬麟、土屋周太郎『大日本人物誌 一名・現代人名辞書』八紘社、1913年5月、ひ之部19-20頁。NDLJP:933863/937
  6. ^ 國學院大學研究開発推進機構 「日本文化研究所年報」第9号(2016) (PDF) p.29
  7. ^ 木村幸比古『吉田松陰の実学 世界を見据えた大和魂』PHP研究所PHP新書〉、2005年6月1日、32頁。ISBN 978-4-569-63991-8
  8. ^ 徳川慶喜逝去”. 茨城県立歴史館 (2006年). 2018年11月21日閲覧。
  9. ^ a b 河合 2015, pp. 306-307
  10. ^ a b c d 波田野 2013, pp. 153-154
  11. ^ 日外アソシエーツ 2004, p. 2045.
  12. ^ 林甕臣『日本語原学』林武臣編、建設社、1932年12月20日、593頁。NCID BN09660762
  13. ^ 日外アソシエーツ 2004, p. 2464.
  14. ^ 大正昭和新聞研究会 1987, p. 808.

参考文献編集