平目 孝志(ひらめ たかゆき、1960年1月5日 - 2013年8月9日)は、日本中央競馬会(JRA)に所属した騎手

平目孝志
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道沙流郡門別町
(現・日高町
生年月日 1960年1月5日
死没 2013年8月9日(満53歳没)
身長 160cm(1996年[1]
体重 49.5kg(〃)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
初免許年 1981年
騎手引退日 1997年2月28日
重賞勝利 1勝
通算勝利 1819戦95勝
テンプレートを表示

経歴編集

北海道門別町に育つ[2]。1975年、高校入学を控えた春休みに近隣の牧場主から誘われ、滋賀県栗東トレーニングセンターに所属する諏訪佐市のもとで騎手候補生となる[2]。翌正月に諏訪との諍いから殴り合いを演じ一時実家に戻ったが、騎手養成課程の教官に説得されて戻り、中山競馬場二本柳一馬厩舎に移った[2]。このため、諏訪と確執が発生し、一時は絶縁状態となり、関西所属騎手としての活躍は幻に終わったが、後日に諏訪とも改めて面会し、和解している[2]

1981年に騎手デビュー。地味な二本柳厩舎で華々しい成績は挙がらなかったが[2]、1996年、新馬戦から騎乗を続けていたアミサイクロンでマーチステークスを制し、騎手生活唯一の重賞勝利を挙げた。同馬は単勝オッズ106倍という14頭立ての最低人気馬であり、2着馬(8番人気)との馬連払戻は8万8960円という史上3番目(当時)の高額配当となった[3]。翌1997年に騎手を引退[4]。通算成績は1819戦95勝[4]。その後は調教助手に転身した[4]

根本康広厩舎に所属していた2013年8月、函館開催への出張中に馬房内において自殺とみられる状態(縊死)で発見された[4]。53歳没。

出典編集

  1. ^ 『優駿』1996年5月号、p.169
  2. ^ a b c d e 鶴木(1997)pp.218-227
  3. ^ 『優駿』1996年5月号、p.155
  4. ^ a b c d 通算95勝の元騎手、函館の出張厩舎内で首つり自殺”. スポーツニッポン (2013年8月9日). 2013年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月23日閲覧。

参考文献編集