メインメニューを開く

平 直方(たいら の なおかた)は、平安時代中期の武将桓武平氏の当主で、摂関家の家人として在京軍事貴族でもあった。平忠常の乱の際には、追討使として、討伐した人物である。

 
平直方
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 不詳
官位 追討使、能登守、上野
上総介、検非違使、左衛門少尉
主君 藤原道長頼通
氏族 桓武平氏国香流
父母 父:平維時
兄弟 中方[1]直方
維方聖範源頼義室、藤原惟経室、藤原憲輔
テンプレートを表示

概要編集

本拠地は鎌倉で、直方が日本の中世史の舞台・鎌倉に居館を構えたことに始まる。ただし、当時の記録を見ると、摂関家の家人として藤原頼通に奉仕を続けていることから、実際の本拠地は京都にあり、何らかの事情で鎌倉に所領を得ていた可能性が高い[2]

官職は追討使・能登守・上野介・上総介・検非違使・左衛門少尉などを歴任した。

東国で平忠常が叛乱を起こすと、朝廷は維時を上総介に任命して、その子直方に忠常征伐の勅命を下した。直方は麾下の軍勢と東海、東山、北陸の三道の軍を結集して討伐に向うが、関東を押さえて士気の上がる忠常軍を攻めきれずにいた。直方は持久戦で忠常軍を追い詰めるが、朝廷は直方の戦法を手ぬるいと判断して直方を解任した。代わって、かつて直方の家人であった河内源氏源頼信(頼義の父)を甲斐守に任命して、忠常の討伐を命じた。直方の持久戦で疲弊していた忠常は頼信にすみやかに降伏した。

後に本拠地の鎌倉を娘婿である源頼義に与えた。また直方が頼義に娘を娶らせた理由は頼義の武芸(特に射騎)の巧みさに感服して、同じ武門の家のものとして誼を通じていきたいと願い出たからだと伝わる[3]。ただし、直方も頼義は実態は「京武者」と称される軍事貴族であったと考えられ、両者の婚姻は京都で成立し、後に頼義が相模守になった際に直方が自領である鎌倉を譲り渡したとみられている[2][4]

系譜編集

祖先編集

桓武平氏国香流
桓武天皇葛原親王高見王高望王平国香平貞盛平維将平維時平直方

子孫編集

鎌倉幕府執権などを歴任した北条氏が平直方の子孫を称している。また『平家物語』などで平敦盛を討ち、後に後悔して出家した熊谷直実も直方の子孫を称している。

編集

外孫編集

脚注編集

  1. ^ 官位は左衛門少尉997年に中方は朝廷より、対馬国の太宰大監(太宰府の三等官)に任じられて、外敵などの来襲に備えた(『小右記』)。
  2. ^ a b 川合康「横山氏系図と源氏将軍伝承」(初出:『中世武家系図の史料論 上巻』(高志書店、2007年)/所収:川合『院政期武士社会と鎌倉幕府』(吉川弘文館、2019年)) 2019年、P78-80.
  3. ^ 陸奥話記』などによる。
  4. ^ 川合康「鎌倉幕府の草創神話」(初出:『季刊東北学』27号(2011年)/所収:川合『院政期武士社会と鎌倉幕府』(吉川弘文館、2019年)) 2019年、P267-268.
  5. ^ 熊谷直季は平直方の子でなく娘婿であるとする説や、直季と直広を親子でなく兄弟とする説もある。
  6. ^ 但し、義光は義家・義綱と母親が異なるともいわれる。

平直方が登場する作品編集

関連項目編集