メインメニューを開く

平 知章(たいら の ともあきら)は、平安時代末期の平家一門の武将平知盛長男。怪力で知られた。

 
平知章
時代 平安時代末期
生誕 嘉応元年(1169年
死没 寿永3年2月7日1184年3月20日
墓所 兵庫県神戸市長田区明泉寺
官位 従五位上、武蔵守
主君 安徳天皇
氏族 桓武平氏維衡流(伊勢平氏
父母 父:平知盛、母:治部卿局
兄弟 知章増盛知忠知宗中納言局

寿永2年(1183年)の平家都落ちに伴って西海へ。寿永3年(1184年)2月の一ノ谷の戦いでは、父・知盛に従い、源氏方の源義経軍と戦闘。『平家物語』の「知章最期」によると、全軍総崩れの中、知盛と知章、郎党の監物太郎頼方の主従三騎で敗走。海岸に出たところを、源氏方の児玉党に追い付かれ、交戦。児玉党の大将が知盛に組付くところに割って入り、児玉党の大将を討ち取ったが、周囲の武士に囲まれて壮絶な最期を遂げた。享年16。そのおかげで生き延びた知章の父である知盛は、「どんな親が息子を助けないで逃げるだろうか」と自分を責め、さめざめと泣いたという。

関連項目編集