メインメニューを開く

平良ヶ崎館(へらがさきだて)、または平良ヶ崎城(へらがさきじょう)は、青森県三戸郡南部町に所在した日本の城の一つ。南部町指定史跡[1]

logo
平良ヶ崎館
青森県
別名 平良ヶ崎城
城郭構造 平城
築城主 南部三郎光行
築城年 1192年(建久3年)
主な城主 南部氏
指定文化財 南部町史跡
再建造物 南部町立南部中学校
位置 北緯40度24分46秒 東経141度16分38秒 / 北緯40.41278度 東経141.27722度 / 40.41278; 141.27722
地図
平良ヶ崎館の位置(青森県内)
平良ヶ崎館
平良ヶ崎館

座標: 北緯40度24分46秒 東経141度16分38秒 / 北緯40.41282028164度 東経141.277155928度 / 40.41282028164; 141.277155928

目次

概要編集

平良ヶ崎城は中世平城で糠部(三戸)五ヶ城の一つで、三戸城の北4キロメートルに位置する、南部町沖田面字南古館に所在した。かっては南部中学校敷地であったが現在は移転して更地[2]となっている。

この地は高山峠を越え、浅水を経て五戸方向に通じる道と八戸方向に通じる道との分岐点である。高山峠から南方に延びる丘陵端を空堀で切断している。

歴史・沿革編集

南部氏建久2年(1191年)の糠部入部の際、三戸相内の観音堂で年を越えたが手狭な相内館に長くとどまらず、翌、建久3年(1192年)、初代南部三郎光行により築城し移って政庁が置かれた。

脚注編集

参考文献編集

  • 児玉 幸阿・坪井 清足『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』新人物往来社、1980年7月15日。
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 2 青森県』角川書店、1985年12月1日。ISBN 4040010205

関連項目編集

外部リンク編集