メインメニューを開く
本来の表記は「平良繇」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

平 良繇(たいら の よしより[1]、生没年未詳)は、桓武平氏高望流の一族。平良孫と書かれることもあるが、恐らくは「繇」の字が大変珍しいがための代用表記であろう。

平高望(高望王)の子(四男[1][2]または七男[3])であり、兄弟に平国香(良望)・平良兼平良将平将門の父)・平良広平良文平良茂平良正らがいる(兄弟についても系図によって様々でありこの項では詳細は割愛する)。

良繇について、その詳細はほとんど分かっておらず、系図から得られる情報は以下の通りである。

官職

寛永諸家系図傳』では鎮守府将軍[1]、『系図纂要』では下野[3]になったとある。

子孫

『寛永諸家系図傳』には掲載はない[1]が、『系図纂要』の平氏系図では、平忠光[4]平経邦(つねくに)が良繇の子に位置付けられている[3]。但し、後者の経邦に関しては、『尊卑分脈』では平良広の子としており[2]、『系図纂要』でもその旨は一応書かれている。

脚注・出典編集

  1. ^ a b c d 『寛永諸家系図傳』平氏系図より。
  2. ^ a b 尊卑分脈』より。
  3. ^ a b c 『系図纂要』平氏系図より。
  4. ^ 『系図纂要』では常陸掾になったとしている。息子の名前は『系図纂要』では平常高、『尊卑分脈』では平恒高(但し、忠光の父は平良文)となっているが、いずれも「たいら の つねたか」と読めるという点では共通している。

参考文献編集