メインメニューを開く

平良門

平安時代中期の伝説上の武将

平 良門(たいら の よしかど)は、平安時代中期の伝説上の武将、もしくは妖怪

 
平良門
Yoshitora Taira no Yoshikado.jpg
歌川芳虎画『肉芝仙人より妖術を授かる図』
天下を狙う平良門が仙人から妖術を授かる場面を描いた画
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
別名 良兌、良忩
氏族 桓武平氏良将
父母 父:平将門
兄弟 良門将国景遠、千世丸、五月姫
春姫、如蔵尼
テンプレートを表示

伝承編集

「新皇」平将門の長男と伝えられており、「良兌」「良忩」とも呼ばれる[1]。父が平将門の乱で戦死すると、一族郎党を率いて挙兵した。

江戸時代中期に入ると、既に鬼門に入った良門の存在は妖怪あるいは悪鬼として近松門左衛門人形浄瑠璃歌舞伎、舞台劇などに登場し、源頼光によって退治された姿として描かれている。

脚注編集

  1. ^ 『相馬系図』による。

出典編集

  • 関八州繋馬(かんはっしゅうつなぎうま)、享保9年(1724年)1月初演。

関連項目編集