平 貞弘(たいら の さだひろ)は、平安時代後期の武将

 
平貞弘
時代 平安時代後期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下下野守
氏族 伊勢平氏
父母 父:平正済、母:源頼義
兄弟 正家貞弘[1]
正弘[1]
テンプレートを表示

経歴編集

平正済の子[1][2]寛治2年(1088年)左衛門少尉と見え、同5年検非違使院武者所として供奉する[2]永長2年(1097年従五位下へ昇叙され、嘉承元年(1106年下野守に任じた[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 藤原 1904, 平氏22頁.
  2. ^ a b c 阿部 2009, 411頁.

参考文献編集

  • 藤原公定 撰 『新編纂図本朝尊卑分脈系譜雑類要集 11』 吉川弘文館〈故実叢書 第3輯〉、1904年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991593 
  • 阿部猛 『日本古代人名辞典』 東京堂出版、2009年。ISBN 4490107617