メインメニューを開く

平野克己(ひらの かつみ、1956年 - )はアフリカ研究者。ジェトロ

アジア経済研究上席主任研究員。北海道小樽市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒、同大学院経済学研究科博士課程前期修了(経済学修士)。故堀江忠男に師事した。2011年に同志社大学から博士号(グローバル社会研究)。1984年から1987年まで在ジンバブエ日本大使館にて専門調査員、1988年から1991年まで笹川平和財団プログラムオフィサー、その後1991年にアジア経済研究所に入所。1993年から1995年まで南アフリカのウィットウォータースランド大学客員研究員。2004年から2007年までジェトロ・ヨハネスブルクセンター所長、2008年から2012年まで地域研究センター長、2015年10月から2019年9月まで日本貿易振興機構(ジェトロ)理事を務めた。1982年に早稲田大学小野梓記念学術賞、2003年に国際開発研究大来賞を受賞


著書編集

編著編集

  • 『新生国家南アフリカの衝撃』日本貿易振興機構アジア経済研究所〈研究双書〉、1999年3月。
  • 『アフリカ比較研究 諸学の挑戦』日本貿易振興機構アジア経済研究所〈研究双書〉、2001年3月。
  • 『アフリカ経済学宣言』日本貿易振興機構アジア経済研究所〈研究双書〉、2003年3月。
  • 『アフリカ経済実証分析』日本貿易振興機構アジア経済研究所〈研究双書〉、2005年3月。
  • 『企業が変えるアフリカ 南アフリカ企業と中国企業のアフリカ展開』日本貿易振興機構アジア経済研究所、2006年3月。
  • 『日本人が知っておきたい「アフリカ53カ国」のすべて』レッカ社編、PHP研究所PHP文庫〉、2011年2月、監修。

外部リンク編集