メインメニューを開く

平野区市営住宅殺人事件(ひらのくしえいじゅうたくさつじんじけん)とは2011年7月25日大阪府大阪市平野区引きこもりの男性が姉を殺害した事件。一審判決では精神鑑定アスペルガー症候群と診断された男性に対する判決が波紋を呼んだ(後述)。

目次

経緯編集

男性は小学校高学年の頃から不登校になり、以後約30年間引きこもるようになった。転校することなどを聞き入れなかったのを全て姉のせいだと思い事件にいたった。

2011年7月25日、自宅に生活用品を届けに来た姉(当時46歳)を刺殺し逮捕された。

裁判編集

裁判では弁護側の精神鑑定で男性にアスペルガー症候群があり心神耗弱状態だったとして保護観察付きの執行猶予を求めていた。一方で検察側は懲役16年を求刑した。

2012年7月30日、大阪地方裁判所は「家族が同居を望んでいないため社会の受け皿がなく、再犯の可能性が心配される。許される限り刑務所に収容することが社会秩序の維持にも役立つ」とし、検察側の求刑より重い懲役20年を言い渡した[1]

弁護側はこの判決を不服として控訴し、2013年2月26日の大阪高等裁判所は「一審判決はアスペルガー症候群の影響を正当に評価していない」「十分に反省を示せないのは同症候群の影響。それなりの反省を深めつつあり、再犯可能性を推認させる状況でない」として、1審判決を破棄し懲役14年の判決を言い渡した[2]

2013年7月22日、最高裁判所は被告の上告を棄却する決定を行い、これにより2審判決が確定した[3]

判決への評価編集

1審判決では求刑より重い判決が出たことに対し、社会の受け皿がないのは行政及び司法の不作為であるため、それを被告の量刑に転嫁することに対して批判が起きた。[1]

脚注編集

  1. ^ 姉殺害に求刑超え懲役20年判決 発達障害で「社会秩序のため」”. 共同通信 (2012年7月30日). 2013年8月3日閲覧。
  2. ^ 発達障害の男に二審は求刑以下 姉殺害で懲役14年”. 共同通信 (2013年2月26日). 2013年8月3日閲覧。
  3. ^ 姉殺害、懲役14年確定へ 発達障害、一審は求刑超え”. 共同通信 (2013年7月24日). 2013年7月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集