メインメニューを開く

平野 正太郎(ひらの しょうたろう、1919年 - 没年不明)は、大阪府出身の元プロ野球選手投手内野手外野手)。

平野 正太郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 1919年
没年月日 没年不明
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手内野手外野手
プロ入り 1939年
初出場 1939年
最終出場 1940年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

日新商業学校(現:東大阪市立日新高等学校)卒業後、南海軍に入団。1939年5月6日阪急軍戦では宮口美吉投手とのリレーで無安打に抑えるも、2点を取られて敗戦投手になるという珍記録を持っている。1939年6月3日に行われた新人東西対抗野球戦では、徴兵検査を受けていたため登板を回避した荒木政公阪急〕に代わって先発を務めた。1940年4月6日阪急軍戦(2-32で記録的大敗を喫した試合)では、劉瀬章の後を受け、2番手投手として登板。1回から6回まで登板し、11失点を記録した[1]1940年限りで現役引退。

引退後は母校・日新商の監督を務め、後に南海で名選手・コーチとなる堀井数男を育てた[2]

劉瀬章政野岩夫と並んで「南海のアンダースロー三人衆」と呼ばれた[3]。しかし下手投げの決め球となるシンカーが投げられなかったため、打者に球種を読まれやすく(時々オーバースローからドロップを投げていたと伝わる)滅多打ちに遭うことも少なくなかったと伝わる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1939 南海 18 7 3 0 0 3 3 -- -- .500 284 65.1 55 2 33 -- 2 15 2 0 28 16 2.18 1.35
1940 9 5 1 0 0 0 5 -- -- .000 195 42.1 44 1 19 -- 1 16 0 0 32 19 3.98 1.80
通算:2年 27 12 4 0 0 3 8 -- -- .273 479 107.2 99 3 52 -- 3 31 2 0 60 35 2.93 1.48

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1939 南海 28 44 37 0 4 0 0 0 4 5 1 -- 0 1 6 -- 0 6 -- .108 .227 .108 .335
1940 22 33 31 2 2 0 0 0 2 0 0 -- 0 0 2 -- 0 2 -- .065 .121 .065 .186
通算:2年 50 77 68 2 6 0 0 0 6 5 1 -- 0 1 8 -- 0 8 -- .088 .182 .088 .270

背番号編集

  • 26 (1939年 - 1940年)[4]

脚注編集

関連項目編集