メインメニューを開く
平野龍起

平野 龍起(ひらの たつき、1888年明治21年)2月16日[1] - 1945年昭和20年)8月10日[1])は、熊本市長弁護士

目次

経歴編集

熊本県鹿本郡来民町(現在の山鹿市)出身。第一高等学校を経て、1915年大正4年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業した[2]東京で弁護士を開業したが、1918年(大正7年)に熊本市に移り[2]、後には熊本弁護士会長に選出された[3]1921年(大正10年)より熊本市会議員に選ばれ、副議長[2]、議長を務めた[3]。また熊本県会議員にも選ばれた[2]。その他に肥後米券社理事、鹿本鉄道株式会社監査役、熊本脳病院監事などを務めた[2]

1942年(昭和17年)、熊本市長に就任。終戦直前の1945年8月10日に病のため死去した[1]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本の歴代市長』第3巻、p650
  2. ^ a b c d e 『地方自治政の沿革と其の人物』
  3. ^ a b 『人事興信録』

参考文献編集

  • 『地方自治政の沿革と其の人物』自治通信社、1932年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版(下)』人事興信所、1941年。
  • 『日本の歴代市長 第3巻』歴代知事編纂会、1985年。