メインメニューを開く

平鹿総合病院(ひらかそうごうびょういん)は、秋田県横手市前郷字八ツ口に所在する、秋田県厚生農業協同組合連合会(JA秋田厚生連)が設置する病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 平鹿総合病院
平鹿総合病院
情報
正式名称 秋田県厚生農業協同組合連合会 平鹿総合病院
英語名称 Hiraka General Hospital
前身 平鹿
標榜診療科 内科、心療センター、神経科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科、乳腺科
許可病床数

586床
一般病床:580床



結核病床:6床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 秋田県厚生農業協同組合連合会(JA秋田厚生連)[1]
管理者 齊藤 研(院長)
開設年月日 2007年4月1日[1]
所在地
013-8610
秋田県横手市前郷字八ツ口3-1
位置 北緯39度18分45.8秒 東経140度32分56.1秒 / 北緯39.312722度 東経140.548917度 / 39.312722; 140.548917 (平鹿総合病院)座標: 北緯39度18分45.8秒 東経140度32分56.1秒 / 北緯39.312722度 東経140.548917度 / 39.312722; 140.548917 (平鹿総合病院)
二次医療圏 横手
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

概要編集

横手駅横手バスターミナルから直近の横手市駅前町に旧病院は所在していたが、施設の老朽化と敷地の狭さから新築移転計画を策定し、現在地に新築移転した。建設費は約160億円を見込み、このうち市町村は13%を負担することとなり、横手・平鹿8市町村が要請に応え、総額21億円を拠出した[2]

新病院は2004年秋に本格着工し、2007年1月竣工、同年4月1日に開院した[2]。旧病院跡地を含む横手駅前北東側の一帯が、横手市による横手駅東口再開発事業の対象区域に指定され、公共施設や商業施設のほか高齢者施設などが立地する「よこてイースト」が整備された。

横手市において、地域中核病院としての役割を担っている。

沿革編集

医療機関の指定等編集

その他編集

  • 一般病棟入院基本料 7:1
  • 看護方式 固定チームナーシング
  • 認定看護師(平成25年11月現在)
    • WOC(皮膚・排泄ケア) 2名
    • 緩和ケア 1名
    • 脳卒中リハビリテーション 1名
    • 感染管理 1名
    • 集中ケア 1名
    • 糖尿病看護 1名

併設施設編集

  • 農村医学研究所
  • 平鹿訪問看護ステーション
  • 平鹿指定居宅介護支援事業所
  • 農村健診センター
  • 秋田ふるさと農業協同組合(JA秋田ふるさと)平鹿病院出張所(横手支店を母店とする有人拠点)

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 平成27年度病院名簿 (PDF)”. 秋田県. 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。
  2. ^ a b 『横手市史 通史編 近現代』P 671 - 672

参考文献編集

  • 横手市編 『横手市史 通史編 近現代』 横手市、2011年。

関連項目編集

外部リンク編集