メインメニューを開く

幸せについて本気出して考えてみた

ポルノグラフィティ > 幸せについて本気出して考えてみた

幸せについて本気出して考えてみた」(しあわせについてほんきだしてかんがえてみた)は、ポルノグラフィティの8作目のシングル2002年3月6日にリリースされた。

幸せについて本気出して考えてみた
ポルノグラフィティシングル
初出アルバム『雲をもむ民[1]
B面 TVスター
キミへのドライブ
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロックンロール
J-POP
時間
レーベル SME Records
ソニー・ミュージックレコーズ
作詞・作曲 新藤晴一Tama岡野昭仁ak.homma
プロデュース 田村充義本間昭光
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2002年度年間79位(オリコン)
  • ポルノグラフィティ シングル 年表
    ヴォイス
    2001年
    幸せについて本気出して考えてみた
    2002年
    Mugen
    2002年
    テンプレートを表示

    概要編集

    • アルバム『雲をも摑む民』からのリード・シングル。
    • シングル作品の中では『真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ』の次に長いタイトル。なお、タイトルの長さについて、メンバー曰く、「MCやアナウンサーがこの曲を紹介するとき、噛むところを見てみたかったから。」とのこと。「幸せについて〜」と略されることがある。
    • 今作から、編曲にポルノグラフィティが参加するようになった。
    • 晴一曰く、「ただ台の上でグルグル回っていただけだから、PVを撮るのが一番楽な曲だった。」とのこと。
    • インタビューにおいてアナウンサーが、「出だしのテンポが速いけれど、息継ぎはどこでやってるのか?」と聞いたところ、「息継ぎまで考えていなかった」とメンバーは答えた。
    • このシングルからTamaはサングラスをかけ始める。
    • 発売当時はソニー・ミュージックレコーズSME Recordsレーベル)より発売。その後、発売権はエスエムイーレコーズ(SME Records)へ移行している。
    • アルバム『雲をも摑む民』とのシングル・アルバムW購入キャンペーンがあり、「ポルノグラフィティロゴ入りSONY DVDプレイヤー」や「大阪城ホールライブ&オフショットポストカードセット(2001年12月24日撮影)」などのスペシャルグッズが当たる応募ハガキが同封された。
    • ポルノグラフィティのシングル表題曲で初めて、ひらがなが使われた。

    収録曲編集

    全編曲:ak.homma、ポルノグラフィティ

    1. 幸せについて本気出して考えてみた (4:44)
      歌詞中に登場する「マイケル」とは、マイケル・ジャクソンのことである。
      ライブではイントロの時から手を振り上げるのが恒例になっている。
      元は「コメディ2001」という曲名で、歌詞も異なっていた。これはシングル発売前のライブ「Cupid (is painted blind)」で新曲として披露されていた。
      3rdアルバム『雲をも摑む民』ではアルバムバージョンとなり、冒頭には「コメディ2001」の歌詞が使用されている。
    2. TVスター (3:33)
      • 作詞・作曲:新藤晴一
      業界の舞台裏側を描いた楽曲。晴一は「夢が現実になるとこんな感じ」とラジオで話していることから、「幸せについて本気出して考えてみた」とは対になる。
    3. キミへのドライブ (4:32)
      「決めてやるのさキミへのドライブを」の歌詞は「プロポーズ」を表しており、アウトロにはマネージャーの「結婚しよう!」の掛け声が入るはずだったが、シングル曲では入らないことになった。しかしライブで昭仁がうっかり「結婚しよう!」の掛け声を入れてしまったことがある(ファンクラブ会報より)。
      3rdシングル「ミュージック・アワー」の発売前からあった曲で、その頃は「パノラマ・ラブ」という曲名だった。

    演奏参加編集

    ポルノグラフィティ
    レコーディング参加

    収録アルバム編集

    関連項目編集

    脚注編集

    1. ^ 冒頭に歌詞が追加されたアルバムバージョンでの収録。
    「幸せについて本気出して考えてみた」の調
    前奏 1Aメロ・1Bメロ 1サビ 2Aメロ・2Bメロ
     ニ長調
    (D)
     ハ長調
    (C)
     ニ長調
    (D)
     ハ長調
    (C)

    2サビ 間奏・3Bメロ 3サビ
     ニ長調
    (D)
     ハ長調
    (C)
     ニ長調
    (D)