幸徳事件

明治時代の日本の事件

幸徳事件(こうとくじけん)は、大逆事件の一つであり、明科事件を発端に明治天皇の暗殺を計画したとして、全国の社会主義者や無政府主義者を逮捕・起訴して死刑や有期刑判決を下した政治的弾圧事件である[1]。一般に「大逆事件」と言われる際は、この幸徳事件を指す。幸徳秋水事件ともいう。

概要編集

明科事件編集

1910年(明治43年)5月25日信州の社会主義者宮下太吉 が明科製材所で爆発物取締罰則違反容疑で逮捕されたことにより明るみになった、宮下太吉管野スガ新村忠雄、古河力作、4名による明治天皇暗殺計画。宮下は長野県東筑摩郡中川手村明科(現・安曇野市)の明科製材所で爆裂弾を製造、1909年(明治42年)11月3日に同村大足で爆破実験をおこなった[1]

逮捕・判決編集

明科事件を口実として、政府のフレームアップ(政治的でっち上げ)により、幸徳秋水をはじめとする多数の社会主義者・無政府主義者の逮捕・検挙が始まり、証拠不十分なまま1911年(明治44年)1月18日死刑24名、有期刑2名の判決1月24日に11名、1月25日に管野の死刑が執行された。

死刑が執行された12名は、幸徳秋水、管野スガ、森近運平、宮下太吉、新村忠雄、古河力作、奥宮健之大石誠之助成石平四郎松尾卯一太新美卯一郎内山愚童である。高木顕明、峯尾節堂、岡本穎一郎、三浦安太郎、佐々木道元の5人は特赦無期刑で、無期懲役中に獄死した。一方で仮釈放された者は坂本清馬、成石勘三郎、崎久保誓一、武田九平、飛松与次郎、岡林寅松、小松丑治の7人である。布施柑治によると、秋水は審理終盤に「一人の証人調べさえもしないで判決を下そうとする暗黒な公判を恥じよ」と陳述した[2]。この政治的弾圧事件が幸徳事件である。第二次世界大戦後、関係資料が発見され、暗殺計画に関与したとされていたのは宮下太吉、管野スガ、新村忠雄、古河力作の4名だけであったことが判明した[要出典]

判決の2ヶ月前の1910年(明治43年)11月22日アメリカの無政府主義者、エマ・ゴールドマンらがニューヨークで抗議集会を開くなどの抗議運動を展開した。さらにイギリスフランスにも無政府主義者による抗議運動が起こり、日本大使館前で行われた[3][4]

1960年代より「大逆事件の真実をあきらかにする会」を中心に、再審請求などの運動が推進された。これに関して最高裁判所1967年(昭和42年)に「戦前の特殊な事例によって発生した事件であり、現在の法制度に照らし合わせることはできない」「大逆罪が既に廃止されている」との理由から、免訴の判決を下し、再審請求が事実上できないことを示している(但し、刑事補償法では免訴でも無罪と推定されるときは補償を受けることができるとされている)。

関連年表編集

脚注編集

  1. ^ a b 荻野富士夫Yahoo!百科事典 大逆事件
  2. ^ 布施 1974 [要ページ番号]
  3. ^ 『人物叢書 幸徳秋水』西尾陽太郎(吉川弘文館)311p
  4. ^ 『大逆事件 生と死の群像』田中伸尚(岩波書店)88p
  5. ^ 森近運平の実妹

参考文献編集

  • 布施柑治『布施辰治外伝 幸徳事件より松川事件まで』未来社、1974年12月。ISBN 978-4-624-11038-3

関連人物編集

外部リンク編集