メインメニューを開く
国道113号標識

幸来橋(こうらいはし)は、山形県南陽市東置賜郡川西町に架かる

幸来橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 山形県南陽市東置賜郡川西町
交差物件 最上川
建設 東北地方建設局[1]
構造諸元
形式 鉄筋コンクリート橋
全長 214 m[2]
9 m[2]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

目次

概要編集

最上川に架かる橋で、国道113号が通る。南陽市の梨郷地区と川西町の西大塚地区を結んでいる。橋名は一般の公募で決定し、"幸せが来るように"という願いが込められている[2]

沿革編集

  • 1887年(明治20年) - 初代の橋が架けられる。木橋で長さは約160m、幅6.36mであった。総工費3600円のうち県の助成金が2000円、地元負担金が1600円であった。通行料を設け、大人2銭、子供1銭であったが、村民商人から引き下げ要望書が出され、開通2年目から半額となった[2]
  • 1934年(昭和9年) - 2代目の橋が完成。鉄筋コンクリートの橋に架け替えられる。
  • 1971年(昭和46年)11月 - 3代目の橋が完成。

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 幸来橋”. 三協コンサルタント株式会社. 2017年9月19日閲覧。
  2. ^ a b c d やまがた橋物語-最上川第5部【幸来橋(南陽、川西)】|山形新聞”. 山形新聞. 2017年9月19日閲覧。

外部リンク編集

  • 幸来橋 - 三協コンサルタント株式会社