メインメニューを開く

幸田 シャーミン 光代(こうだ シャーミン ひろよ、Charmine Hiroyo Koda、1956年昭和31年〉4月8日 - )は、日本の女性ジャーナリストである。1980年代ニュースキャスターとしてテレビ出演していたことでも知られる。国際連合広報センター東京所長、東京農業大学客員教授を歴任。

幸田シャーミン
生誕 (1956-04-08) 1956年4月8日(63歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
教育 聖心女子大学

目次

来歴・人物編集

生い立ち編集

聖心インターナショナルスクールを経て、1979年(昭和54年)に聖心女子大学英文科を卒業。大学在学中にはパリ大学ソルボンヌに留学、パリ滞在中にはジャン=ピエール・フルリモン(Jean-Pierre Fleurimon)メイクアップスクールにも学んだ。幸田は当時、弁護士メイクアップアーティストになりたいと思っていたという。

ニュースキャスター編集

大学卒業の後、『海外ウィークリー』(NHK)や『FNNスーパータイム』(フジテレビ)に出演するようになった。後者へは1984年(昭和59年)から3年半に渡って出演、逸見政孝とともにキャスターを務めた。同番組のオープニングでのタイトルコール、鼻にかかった「こんばんは、幸田シャーミンです」という喋りは特徴的であり、タレントの明石家さんま清水ミチコから声優の生天目仁美までに物真似されたこともある。

ジャーナリスト編集

1988年(昭和63年)に『FNNスーパータイム』を降板し33歳でハーバード大学ケネディスクールに入学。1992年平成4年)に卒業し修士を取得。ジャーナリストとして、環境問題に関する取材や講演を行った。

2001年(平成13年)3月、国際連合大学高等研究所上級コミュニケーション担当官に就任した。同年7月、第19回参院選に比例代表から民主党公認で立候補、落選している。

国連広報センター所長編集

2006年(平成18年)4月より、コフィー・アナン国連事務総長(当時)から任命され、国際連合広報センター(東京)所長に就任した。2008年(平成20年)6月2日任期満了で辞職したが、その後国連の人事管理室に在職中「本部の広報局の上司からパワーハラスメントを受けた」と、申し立てをしている。幸田によれば同センター内の不適切な経理があることについて調査しようとしたものの、本部の上司はその旨を上層部へ伝えることをしなかったという[1][2]。一方、幸田自身も、2007年(平成19年)に複数の部下からパワーハラスメントで告発されている[3]

テレビ出演編集

ラジオ出演編集

著書編集

  • 『幸田シャーミン素敵なおしゃれノート』ランダム出版 1983
  • 『幸せはアクション ためらわないで!』二見書房 1987
  • 『20代は個性の冒険 ニュースキャスターへの挑戦』青春出版社 1987
  • 『ガラスの天井に挑む女たち ハーバード・ウーマン』扶桑社 1993
  • 『地球としごとをする人たち アメリカ環境教育ルポとエコ・インタビュー』Tokyo FM出版 2002

翻訳編集

  • アドリアン・アーペル『10年若く美しく見える方法』編・訳 サンケイ出版 1981
  • アドリアン・アーペル『あなたをより美しくする総合ビューティマニュアル』編訳 サンケイ出版 1982
  • ステファン・シュネック, ナイジェル・ノリス『キャット・ケアー 猫の病気とけがの手当て』日本放送出版協会 1984
  • ステファン・シュネック, ナイジェル・ノリス『ドッグ・ケアー 犬の病気とけがの手当て』日本放送出版協会 1984
  • ロナルド・A.ハイフェッツ『リーダーシップとは何か!』産能大学出版部 1996

脚注編集

  1. ^ 国連で私が受けたハラスメント 告発手記 拷問のような二年間。戦うために辞職を決意した 幸田シャーミン 文藝春秋 (雑誌) 2008年7月号
  2. ^ 幸田シャーミンさん 「国連上司がパワハラ」と申し立て(毎日新聞 2008年6月8日付)
  3. ^ 幸田シャーミン所長が辞任 国連広報センター(朝日新聞 2008年6月8日付)

外部リンク編集