メインメニューを開く

幼な子われらに生まれ』(おさなごわれらにうまれ)は、重松清小説およびそれを原作とした日本映画

幼な子われらに生まれ
著者 重松清
発行日 1996年8月
発行元 角川書店
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 248
コード ISBN 978-4048729802
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

あらすじ編集

良き父親でいようと努力を重ねるバツイチ再婚の男、田中信。彼は会社でのつきあいもそこそこに家庭に奉仕し続けてはいたが、妻・奈苗の連れ子たちとの仲はうまく行っているとはいえなかった。そして奈苗が信との子を宿すにいたり長女・薫は義父への嫌悪をむき出しにし、「本当のパパに会いたい」と洩らして接触を絶とうとした。信も前妻・友佳との娘である沙織との三か月毎の接触を拒めず、彼女と比較することで薫への絶望を隠せなくなっていた。

なついてくれる次女・恵理子にも比して義父を拒む薫に怒った信は、苛立ちのままに奈苗の前夫・沢田に会う。家族に暴力を振るい続け父の立場を放棄した沢田に、あえて求められた金を払ってまで義子との接触を求める信。閑職に左遷され自暴自棄になった彼の決心のすえの行動だった。だが、指定された日に沢田の前に薫は現われなかった。他方、いきなり信のもとを訪れた沙織は、癌にむしばまれた義父の死の床へ向かうことに躊躇し、信の同行を望んだ。そして、義父を前に彼への隠していた愛情を明らかにする沙織を前に、信は密かに義父への感謝を捧げた。

帰宅した信は、沢田に会うこともなく戻っていた薫の嘘をやんわりと叱り、彼女を抱いた。薫もその手を振り払おうとはしなかった。そして後日、子を出産する奈苗の病室に家族は集い、新たな一員を迎えるのだった。

登場人物編集

刊行情報編集

映画編集

幼な子われらに生まれ
監督 三島有紀子
脚本 荒井晴彦
原作 重松清「幼な子われらに生まれ」
製作総指揮 森重晃
江守徹
出演者 浅野忠信
田中麗奈
南沙良
鎌田らい樹
新井美羽
水澤紳吾
池田成志
宮藤官九郎
寺島しのぶ
音楽 田中拓人
撮影 大塚亮
編集 加藤ひとみ
制作会社 ステューディオスリー
製作会社 「幼な子われらに生まれ」製作委員会
配給 ファントム・フィルム
公開   2017年8月26日
上映時間 127分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 7000万円[1]
テンプレートを表示

荒井晴彦の脚本によって映画化[2]。監督は三島有紀子2017年8月26日公開。

1996年に小説が発表された当時、荒井が、原作者の重松と映画化の約束を交わしていた[2]。重松が直木賞受賞後、何度もドラマ化の話があったが、その約束があったためドラマ化が実現することはなかったという[3]

キャスト編集

スタッフ編集

受賞編集

  • 第41回モントリオール世界映画祭 審査員特別大賞[4]
  • 第9回TAMA映画賞 最優秀男優賞(浅野忠信)[5]
  • 第41回山路ふみ子映画賞
    • 映画賞(三島有紀子)[6]
    • 女優賞(田中麗奈)[6]
  • 第42回報知映画賞[7]
    • 助演女優賞(田中麗奈)
    • 監督賞(三島有紀子)
  • 第39回ヨコハマ映画祭 日本映画ベストテン第2位
  • 第91回キネマ旬報ベスト・テン
    • 日本映画ベストテン 第4位
    • 助演女優賞(田中麗奈)
  • 第72回毎日映画コンクール
    • 女優助演賞(田中麗奈)
  • 2018おおさかシネマフェスティバル
    • 助演女優賞(田中麗奈)
    • 撮影賞(大塚亮)
  • 2017映画芸術 日本映画ベストテン第2位
  • 2017日本インターネット映画大賞
    • 作品賞ベストテン 第8位
    • 助演女優賞(田中麗奈)
  • 27回日本映畫プロフェッショナル大賞
    • 主演男優賞(浅野忠信)
    • ベストテン 第2位
  • 2017年度全国映連賞
    • 女優賞(田中麗奈)
    • 男優賞(浅野忠信)
    • 日本映画ベストテン 第7位

脚注編集

外部リンク編集

映画オフィシャルサイト