幼名(ようみょう、ようめい、おさなな)は、幼少時の名前の事。

童名小字とも表記される。

概要編集

主に平安時代から江戸時代にかけて、武士や貴族の子が幼児である期間につけられる名前で、だいたい元服してをつけるまでその名前でいる。

江戸期では、多くの慈善活動をした豪商が、その活動を認められ、公での苗字帯刀を許された場合、その商人の子も幼名を持つ例がある。農民の名前も幼名と呼ばれるが、武士とは違って諱をつける事は無い。

現在でも幼少時に改名した場合は、以前の名前を幼名と呼ぶ。

幼名の継承編集

武家では、幼名を代々継承する家が多く存在した。

例えば、徳川将軍家竹千代尾張徳川家五郎太紀州徳川家長福丸水戸徳川家鶴千代加賀前田氏犬千代などがあり、事例に枚挙の暇が無い。

これらは、それぞれの家の初代当主の幼名であり、(例えば、竹千代は江戸幕府初代将軍徳川家康の、五郎太は尾張藩徳川義直の、長福丸は紀州藩徳川頼宣の、鶴千代は水戸藩徳川頼房の、犬千代は加賀藩前田利家の幼名である)、子孫のうち後を継ぐべき嫡男の幼名にもなり、代々受け継がれていった。

武家代々相伝の幼名編集

歴史上の人物の幼名編集

幼名によって広く知られている人物もいる。これは若年のうちに死去したために、元服前だったか、元服していたとしても幼名以外の名を名乗っていた期間が短い場合が考えられる。

備考編集

  • 日本の中世社会において、成人でありながらも童名を名乗る人々は特異な社会的位置にあったと指摘される[2]。これは「童」の中に、人の力の及ばぬものを見た中世社会を背景に(「七つまでは神のうち」という言葉があるように)、童名を名乗る童形の成人も神仏の世界につながる特異な呪術的能力をもつ人と見られていたと網野善彦は指摘しており[2]、例えば、牛飼の童名は、後世ほど牛が蔑まれておらず、統御しがたい動物と認識されていたことから童形でなくてはならなかったと考察している[3]。また武具や楽器といった器物や動物自体にも、童名を意味する「丸」(〇〇丸)が付けられるが、これも「丸」という字そのものが神仏世界と俗界を媒介する役割を果たすと考えられてきたことと関係があるという[3]
  • 日本の場合、人間に限らず、成長の段階に応じて名称を変える文化があり、例として、出世魚(稚魚と成魚の名が異なる)があり、昆虫で言えば、姿形が異なるヤゴトンボ、陸獣では、ウリ坊とイノシシがある。また、幼名・元服名に限らず、地位に応じて名を改める文化であったため、氏姓が多い。
  • アイヌ子供の名前では、6、7歳になるまで名は付けられず、それ以前は汚い名称で呼ばれるが、これらは個人名では無い[4]。これは病魔に魂を取って行かれないためとされる[5]。またタブーとして、亡くなった人の名を含め、他人と同じ名前を付けてはいけないとしているため、大和民族と違い、祖先の名を継承するという文化も無い[6]

脚注編集

  1. ^ 小西寿徳(世界大百科事典内の小西寿徳)(朝日新聞社コトバンクより)。
  2. ^ a b 網野 2005, p. 99.
  3. ^ a b 網野 2005, p. 101.
  4. ^ 仲川 2019, pp. 76-77.
  5. ^ 仲川 2019, p. 77.
  6. ^ 仲川 2019, p. 73.

参考文献編集

関連項目編集