メインメニューを開く

広仁王廟(こうにんおうびょう)は、五龍廟ともいい、中国の山西省運城市芮城県の北4kmの龍泉村にある。近郊に永楽宮道教全真教の三大宮観のひとつ)や、戦国時代の魏城跡がある。中国で現存する四つの唐代の木造建築のひとつ[1]。2001年に第五回全国重点文物保護単位に指定された。碑文『広仁王龍泉記』によると唐の憲宗の元和三年(808年)に創建されたと記され、別の碑文『龍泉記』には唐の文宗の大和六年(832年)に設立されたと記されている。

広仁王廟
Five Dragons Temple in Ruicheng 2011-07.JPG
広仁王廟正殿 2011年7月
所在地 中華人民共和国 山西省芮城県
位置 北緯34度43分49秒
東経110度40分55秒
創建年 832年
テンプレートを表示

広仁王廟は四合院形式の廟堂で、敷地の北側にあって南面している。廟内は、劇台、廂房(現存しない)、正殿の順番で配置されている。劇台、南に位置して北側に向い、正殿と相対している。このことから劇台は清代に再建されたと考えられている。正殿は、幅五間、奥行き三間、屋根は単檐歇山頂方式(単層の入母屋造)で、台座の高さ1.2m、屋根は16本の庇を支える柱(檐柱)により支えられており、殿内は無柱である。[2]

参考文献編集

  1. ^ 他の3つは、南禅寺 (山西省)佛光寺 (山西省)天台庵
  2. ^ 全国重点文物保護单位·第一至第五批·第Ⅰ卷. 文物出版社. (2004). ISBN 7-5010-1525-2.