広域市
各種表記
ハングル 광역시
漢字 廣域市
発音 グァンヨクシ
日本語読み: こういきし
テンプレートを表示

広域市(こういきし)は大韓民国における地方行政地区のひとつである。

目次

概要編集

大韓民国の地方行政区画
広域自治団体
特別市(ソウル)
広域市
特別自治市(世宗)

特別自治道(済州)
基礎自治団体


(特別市・広域市の)区
邑面洞級
統里級
統・
班級
その他
特定市
一般区
法定市
法定洞

市人口が100万人以上であることが広域市となる要件である。市内にを属させることができ、郡及びは各々が自治体としての地位を持つことができる。[1]。首都ソウル(「特別市특별시))、世宗(セジョン。「特別自治市세종특별자치시)についても、制度的には広域市と同様である。ただし世宗市では、下位に区や郡・市は置かれない。

1995年までは「直轄市」(직할시)と称されていた。朴正煕全斗煥政権下で停止されていた首長公選制地方議会1991年から段階的に復活させる過程で、中央集権的な「直轄市」の名を改めることになったものだが、その検討段階では「ソウル特別市」も「ソウル広域市」に改称することが検討されたものの、ソウル特別市の反対により実現しなかった。

広域市の一覧編集

現在以下の6都市が広域市となっている(人口はそれぞれ2005年の総調査による)。

釜山広域市 (부산광역시)
1963年1月1日に直轄市として成立。元は慶尚南道に属した。1983年まで同道の道庁所在地であった。人口3,523,582人。15区1郡からなる。
大邱広域市 (대구광역시)
1981年7月1日に直轄市として成立。元は慶尚北道に属した。現在も同道の道庁所在地である。人口約2,464,547人。7区1郡からなる。
仁川広域市 (인천광역시)
1981年7月1日に直轄市として成立。元は京畿道に属した。人口2,531,280人。8区2郡からなる。
光州広域市 (광주광역시)
1986年11月1日に直轄市として成立。元は全羅南道に属した。2005年まで同道の道庁所在地であった。人口約1,417,716人。5区からなる。
大田広域市 (대전광역시)
1989年1月1日に直轄市として成立。元は忠清南道に属した。2012年まで同道の道庁所在地であった。人口1,442,856人。 5区からなる。
蔚山広域市 (울산광역시)
1997年7月15日に広域市となる(「広域市」に改称後初めての移行)。元は慶尚南道に属した。人口1,049,177人。4区1郡からなり、合併で廃止された郡制度を昇格で復活させている。

なお、京畿道水原市高陽市も近年人口100万人を突破したが、広域市にはなっていない。また、慶尚南道昌原市が、2010年7月1日馬山市鎮海市と合併し、人口100万人を突破したが、現在のところ広域市にはなっていない。

脚注編集

  1. ^ なお、韓国では広域市やソウル特別市でなくとも人口が概ね50万人以上の市には区が設けられるが、これは自治権のない単なる行政区である。

参考文献編集

関連項目編集