メインメニューを開く

広小路

江戸時代以後に設置された幅の広い街路

広小路(ひろこうじ)とは、江戸時代以後に設置された幅の広い街路のこと。

概要編集

元は江戸幕府明暦3年(1657年)の明暦の大火をきっかけに推進した火除地の一種として上野両国などに設置され、続いて3年後の万治3年(1660年)に大火にあった名古屋にも同様の通りが設置された。火災の類焼を食い止める役割を果たした。また、広小路に沿って火除土手(ひよけどて)が設けられたが、今日では失われてしまった場所も多い。

後に各地に広まって同様の趣旨をもった通りを「広小路」と称するようになった。江戸時代から昭和戦前までに名付けられた街路のため、太平洋戦争後の復興で広小路より更に広い街路を持つ都市も少なくない。

「広小路」の名を持つ道路編集

「広小路」の名を持つ地区編集

「広小路」に由来する駅名編集

関連項目編集