メインメニューを開く

広島スカラ座(ひろしまスカラざ)は、広島市中区基町にあった映画館である。

広島スカラ座
Hiroshima Scala-za
広島スカラ座が入っていた広島朝日ビルディング
情報
正式名称 広島スカラ座
旧名称 広島朝日会館
完成 1958年
開館 1958年12月16日
閉館 2009年9月6日
収容人員 828人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX
用途 映画上映
運営 岡本興業株式会社
所在地 730-0011
広島市中区基町13-7
広島朝日ビルディング7階
アクセス 広電本線立町電停そば

概要編集

広島朝日ビルディング朝日新聞広島総局が入居しているビル)の7階にあった。座席数は828席と、中国・四国地方、さらには西日本で最大の規模を誇る映画館であった[1]。広島スカラ座のあった場所は、以前は広島朝日会館で、2003年平成15年)3月まで営業していた。朝日会館としての最後の映画は『タキシード』。映画館の生き残り策として同年7月、座席数が多い現在の場所に移転した。

以前はえびす通り商店街福屋八丁堀本店の横に初代の広島スカラ座はあった。現在は、ネットカフェになっている。1972年昭和47年)から1975年(昭和50年)の松竹東洋座・広島名画座の立て替え時には、一時的に松竹封切館業務も行っている[2]

東京の丸の内ピカデリー1・2・3系の松竹東急系の洋画の大作と邦画が上映されていた。

沿革編集

  • 1958年昭和33年)12月16日:「広島朝日会館」としてオープン。当初は映画上映のほか、講演会、発表会等にも利用できる多目的ホールであった。
  • 1966年(昭和41年):「広島スカラ座」が開館。朝日ビルとは別の場所にあった。定員360人。
  • 2003年平成15年):朝日会館の閉館に伴い、広島スカラ座が運営を引き継いだ。
  • 2009年(平成21年):9月6日(日)をもって閉館。広島都心部の丸ピカ系のチェーンは広島ルーブルに引き継がれたが、11月13日をもって閉館した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国内の現存する映画館としては新宿ミラノ1(1,064席)、TOHOシネマズ日劇・スクリーン1(948席)、川崎チネグランデ(844席)に次いで4位である(2008年12月現在)。
  2. ^ 中国新聞 夕刊 1975年4月12日5ページ「松竹東洋座・名画座 広島 立て替え終わり26日オープン」

外部リンク編集

  • 広島スカラ座 - 「港町キネマ通り」サイト内(2008年9月取材のもの)