広島平和音楽祭(ひろしまへいわおんがくさい)は、で晩年の作曲家古賀政男が実行委員長を引き受け[1]広島テレビ1974年から1993年まで毎年8月に開催していた音楽祭、および日本テレビ系列局で放送されていた同名のテレビ番組

歴史編集

第1回目は1974年8月9日に広島県立総合体育館で行われ、美空ひばりが「一本の鉛筆」を披露した。

1977年の第4回広島平和音楽祭に際して、古賀政男が島倉千代子のために製作した「ひろしまの母」が、古賀の最後のレコードになった[1]

1981年の第8回では地元・広島出身の西城秀樹が「リトルガール」を熱唱。またこの日の為に作られた楽曲「天と地の架け橋」も披露した。

会場の模様は、まず広島テレビで先行放送され、その後に日本テレビ系列局で再編集した映像が放送されていた。和田アキ子明石家さんまが司会を務めた年もあった。

会場はその後、広島サンプラザホールへと移ったが、編成の都合により、1993年開催の第20回大会をもって終了した。

ソフト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 古茂田信男・矢沢寛・島田芳文・横沢千秋「巨星古賀政男ついに墜つ」 『新版 日本流行歌史 下』社会思想社、1995、62頁。ISBN 4390501968 

関連項目編集