メインメニューを開く

広島広域公園第一球技場

広島広域公園 > 広島広域公園第一球技場

広島広域公園第一球技場(ひろしまこういきこうえん だいいちきゅうぎじょう)は広島県広島市安佐南区にある球技場

広島広域公園第一球技場
広島広域公園第一球技場01.JPG
施設情報
所在地 広島市安佐南区大塚西5丁目
位置 北緯34度26分 東経132度23分
開場 1993年
所有者 広島市
運用者 広島市スポーツ協会
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 157m X 80.8m
照明 1,000ルクス
使用チーム、大会
アジアカップ1992
1993 FIFA U-17世界選手権
ひろしま国体など
収容能力
10,000人
アクセス
アストラムライン広域公園前駅下車徒歩10分
広電バス・修道大学バス停下車徒歩15分

広島市が所有し、広島市スポーツ協会が指定管理者として運営管理を行っている。 Jリーグサンフレッチェ広島のホームスタジアムである広島ビッグアーチ第二球技場も立地する広島広域公園内に位置する。

概要編集

開場は1993年平成5年)4月であるが、その前年の10月に行われたアジアカップでは、すでに試合会場として使用されている。1993年(平成5年)8月には、FIFAU-17世界選手権も開催、1996年(平成8年)にはひろしま国体のサッカー会場としても使用され、国際大会を含め国内外の公式試合会場として利用されている。

また毎年、全国高校サッカー選手権広島県予選の決勝戦、全広島サッカー選手権大会の決勝戦(ただしビッグアーチが使用できない場合のみ)が行われている。吉田サッカー公園が完成される1998年(平成10年)以前はJサテライトリーグもここで試合を行っていたこともある。

2003年(平成15年)に発足した「専用スタジアム推進プロジェクト」にて、現在の席数からJリーグ規定の15,000席に増設し(客席拡大に伴い隣接する第二球技場の客席を一部改修)、サンフレッチェ広島のホームスタジアムとする計画が挙がった。建設費10億円のうち、第一球技場を所有する広島市からはピッチと照明費2億円を負担してもらい、「2005年シーズン中にオープン」ということで進められていた。が、市が財政状況の悪化などを理由に改修に難色を示した。また短期間に第一球技場を改修した後、本格的なスタジアムを建設するのは「二重投資」になるという理由により、この案は一時頓挫した。

施設概要編集

  • 収容人数 10000人(座席数約7500・メインスタンドのみ固定座席、他は芝生席)
  • ナイター照明設備あり(1000ルクス)
  • 得点板

関連施設編集

外部リンク編集