メインメニューを開く

広島県立日彰館高等学校(ひろしまけんりつにっしょうかんこうとうがっこう)は、広島県三次市吉舎町吉舎に所在する公立高等学校

広島県立日彰館高等学校
Nishokan High School.JPG
過去の名称 日彰館高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 広島県の旗 広島県
併合学校 日彰館高等学校
日彰館女子高等学校
校訓 質実剛健・衆縁和合
設立年月日 1894年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 34171B
所在地 729-4211 
広島県三次市吉舎町吉舎293-2
北緯34度43分18.3秒 東経132度59分30.1秒 / 北緯34.721750度 東経132.991694度 / 34.721750; 132.991694座標: 北緯34度43分18.3秒 東経132度59分30.1秒 / 北緯34.721750度 東経132.991694度 / 34.721750; 132.991694
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
広島県立日彰館高等学校の位置(広島県内)
広島県立日彰館高等学校

概要編集

校名の由来
日彰館は、日々の地道な努力によって、その人物のすばらしさが彰らかになるということであり、日々彰らかになる学校『日彰館』という意味がある。質実剛健を旨とし、生徒による切磋琢磨や鍛錬の場という意であるといえる。
歴史
1894年明治27年)創立の私立中学校(旧制中学校)を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革により新制高等学校へ移行。1969年(昭和44年)の移管により、県立高校となった。2014年(平成26年)に創立120周年を迎えた。
課程・学科
全日制課程 普通科
学級数
現在は1学年2クラスという小規模高校であるが、質実剛健という伝統を生かしながら、次々と新しい創造的な挑戦を試みており、全国でもユニークな卒業生を輩出する学校となっている。
校訓
「質実剛健・衆縁和合」
校章
左右にはばたくの絵、中央に「日彰」の文字(縦書き)を置いている。
校歌
作詞は安達彰男、作曲は松本敬太郎による。歌詞は2番まであり、校名は歌詞中に登場しない。
姉妹校
  •   中華民国国立苗栗高級中学(台湾

沿革編集

前史
  • 1880年(明治13年)- 旧・三原藩儒者の高浦豊太郎が招聘され、「日彰館」が創立。
旧制中学校(男子校)
  • 1894年(明治27年)4月27日 - 「私立中学日彰館」(旧制中学校)が創立(創立年)。
    • 修業年限を5年(現在の中1から高2に相当)、入学資格を高等小学校2年を修了した12歳以上の男子とする。
  • 1902年(明治35年)4月1日 - 「日彰館中学校」に改称。
  • 1907年(明治40年)4月1日 - 小学校令の改正により、入学資格が尋常小学校を卒業した12歳以上の男子に変更となる。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、入学資格が国民学校初等科を卒業した12歳以上の男子に変更となる。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年(現在の中1から高1に相当)となる。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、中等学校令施行前に入学した生徒にも修業年限4年が適用されることとなる。
  • 1945年(昭和20年)3月 - 1940年(昭和15年)入学の5年生と1941年(昭和16年)入学の4年生の合同卒業式を挙行。
  • 1946年(昭和21年)4月 - 修業年限が5年に戻る(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制)が行われる。
    • 旧制中学校としての募集を停止。
    • 新制中学校を併設(以下・併設中学校)し、旧制中学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として収容。
    • 併設中学校は旧制中等学校から新制高等学校への移行の際の経過措置として暫定的に設置され、公立では原則併設中学の生徒募集は行われなかったが、私立では中高一貫校として募集が継続された学校もある。
    • 旧制中学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校4・5年生として収容(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)5月3日 - 学制改革により、旧制中学校が廃止され新制高等学校日彰館高等学校」が発足。この時点では男子校。
    • 旧制中学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
    • 併設中学校の在校生が1946年(昭和21年)に旧制中学校へ入学した3年生のみとなる。
高等女学校
  • 1901年(明治34年)6月1日 - 「私立中学日彰館 女子部」が設立される。
  • 1902年(明治35年)4月1日 - 「日彰館中学校 女子部」に改称。
  • 1912年(明治45年)4月1日 - 日彰館中学校より分離し、「日彰館実科高等女学校」として独立。
  • 1919年大正8年)4月1日 - 「日彰館高等女学校」に改称(「実科」が取り除かれる)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制)が行われる。
    • 高等女学校としての募集を停止。
    • 新制中学校を併設(以下・併設中学校)し、高等女学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として収容。
    • 併設中学校は旧制中等学校から新制高等学校への移行の際の経過措置として暫定的に設置され、公立では原則併設中学の生徒募集は行われなかったが、私立では中高一貫校として募集が継続された学校もある。
    • 高等女学校3・4年修了者はそのまま高等女学校4・5年生として収容(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)5月3日 - 学制改革により、旧制中学校が廃止され新制高等学校「日彰館女子高等学校」が発足。
    • 高等女学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
新制高等学校(男女共学)
  • 1950年(昭和25年)4月1日 - 上記2校が統合され、男女共学の「日彰館高等学校」(私立)となる。附属中学校を併設(現在は廃止されている)。
  • 1951年(昭和26年)3月4日 - 私立学校法の制定により、学校法人日彰館が設立される。
  • 1958年(昭和33年)4月1日 - 商業科を設置。
  • 1969年(昭和44年)4月1日 - 県立移管により「広島県立日彰館高等学校」に改称。
  • 1976年(昭和51年)4月1日 - この時の入学生から第13学区総合選抜制を開始。広島県立三次高等学校との2校総合選抜であった。
  • 1978年(昭和53年)3月31日 - 商業科を廃止。
  • 1993年(平成5年)3月31日 - 家政科を廃止。
  • 1994年(平成6年)4月24日 - 創立100周年記念行事を挙行。
  • 1995年(平成7年)4月1日 - 総合選抜制の廃止により、この時の入学生から単独選抜を開始。
  • 2015年(平成27年)9月 -  中華民国国立苗栗高級中学と姉妹校締結。

著名な出身者・関係編集

交通編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集