広島県道・岡山県道104号坂瀬川芳井線

日本の広島県と岡山県の道路

広島県道・岡山県道104号坂瀬川芳井線(ひろしまけんどう・おかやまけんどう104ごう さかせがわよしいせん)は、広島県神石郡神石高原町坂瀬川と井原市芳井町川相を結ぶ一般県道

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
広島県道104号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
岡山県道104号標識
広島県道・岡山県道104号坂瀬川芳井線
路線延長 14.1km
制定年 1960年
起点 広島県神石郡神石高原町坂瀬川
終点 岡山県井原市芳井町川相
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0182.svg国道182号
広島県道21号加茂油木線
岡山県道・広島県道9号芳井油木線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

路線データ編集

沿革編集

  • 1941年(昭和16年)- 前身となる山野小畠線が県道に昇格される。
  • 1960年(昭和35年)10月10日 - 岡山県告示第916号および広島県告示第682号により認定される。
  • 1972年(昭和47年)頃 - 現行の県道番号に変更される(広島県側は1972年(昭和47年)11月1日から。岡山県側もその頃の変更ではないかと推察される)。
  • 2004年(平成16年)11月5日 - 神石郡の全町村が対等合併して神石郡神石高原町が成立したことに伴って起点の地名表記が変更される(神石郡三和町坂瀬川→神石郡神石高原町坂瀬川)。
  • 2005年(平成17年)3月1日 - 後月郡芳井町が井原市に編入されたことに伴って終点の地名表記が変更される(後月郡芳井町川相→井原市芳井町川相)。

通過する自治体編集

  • 広島県
  • 岡山県
    • 井原市

沿線の地理編集

主要施設編集

名所・旧跡・観光地編集

主な橋梁編集

  • 新西田橋(福山市山野町山野、小田川

接続道路編集

  • 国道182号(国道314号重用、神石高原町坂瀬川〔起点〕)
  • 広島県道418号井関加茂線(福山市山野町矢川)
  • 広島県道418号井関加茂線(福山市山野町山野)
  • 広島県道21号加茂油木線(福山市山野町山野)
  • 広島県道21号加茂油木線(福山市山野町山野)
  • 岡山県道・広島県道9号芳井油木線(井原市芳井町川相〔終点〕)

重用区間編集

  • 広島県道418号井関加茂線(福山市山野町矢川 - 福山市山野町山野間)
  • 広島県道21号加茂油木線(福山市山野町山野)

並行する旧街道編集

備考編集

全般的に道が狭い。特に神石郡神石高原町坂瀬川 - 福山市山野町山野(広島県道21号加茂油木線交点)間は大型車の通行は困難である。

関連項目編集