メインメニューを開く

広島県道277号古市広島線

日本の広島県の道路

広島県道277号古市広島線(ひろしまけんどう277ごう ふるいちひろしません)は広島市安佐南区古市3丁目と広島市西区横川町三丁目を結ぶ一般県道である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
広島県道277号標識
広島県道277号古市広島線
路線延長 5.2km
制定年 1965年
起点 広島県広島市安佐南区古市3丁目
古市橋駅前交差点
広島県道38号広島豊平線旧道交点)
終点 広島県広島市西区横川町3丁目
横川駅東交差点
国道183号国道261号重用〕交点)
接続する
主な道路
記法
広島県道38号広島豊平線(旧道)
Japanese National Route Sign 0183.svg国道183号Japanese National Route Sign 0261.svg国道261号重用)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
古市橋駅
新庄橋

概要編集

JR可部線古市橋駅前から祇園地区を抜けて太田川放水路を渡り、三篠町を通って横川に至る。県道認定前は国道54号であったことから旧道と呼ばれ、この道を通るバス広島交通)も行先表示に「旧道経由」と表示している。

交通量が多い一方で道が狭く、前述のとおりバスも通ることから通行には注意が必要。

路線データ編集

沿革編集

地理編集

通過する自治体編集

  • 広島市(安佐南区、西区)

沿線の主要施設編集

主な橋梁編集

接続道路編集

  • 広島県道38号広島豊平線旧道(広島市安佐南区古市3丁目・古市橋駅前交差点〔起点〕)
  • 国道183号(国道261号重用)(広島市西区横川町3丁目・横川駅東交差点〔終点〕)

備考編集

  • 1965年昭和40年)の県道認定以前には、二級国道182号・広島松江線(1953 - 1963年)→国道54号だった時期があった。

脚注編集

  1. ^ a b c 広島県、「広島県の道路現況について」より

関連項目編集