広島連隊区(ひろしまれんたいく)は、大日本帝国陸軍連隊区の一つ。前身は広島大隊区である。当初は広島県の一部、後に同県全域の徴兵召集兵事事務を取り扱った。実務は広島連隊区司令部が執行した。愛媛県の一部を管轄した時期もあった。1945年(昭和20年)、同域に広島地区司令部が設けられ、地域防衛体制を担任した。

沿革編集

1888年(明治21年)5月14日、大隊区司令部条例(明治21年勅令第29号)によって広島大隊区が設けられ、陸軍管区表(明治21年勅令第32号)により広島県の一部が管轄区域に定められた。第5師管第9旅管に属した。この時、広島県の残り区域は尾ノ道大隊区松江大隊区に属していた。

1896年(明治29年)4月1日、広島大隊区は連隊区司令部条例(明治29年勅令第56号)によって連隊区に改組され、旅管が廃止となり第5師管に属した[1]

1903年(明治36年)2月14日、陸軍管区表が改正され[2]、再び旅管が採用され連隊区は第5師管第9旅管に属した。

日本陸軍の内地19個師団体制に対応するため陸軍管区表が改正(明治40年9月17日軍令陸第3号)となり[3]1907年(明治40年)10月1日、岩国連隊区などが創設され、管轄区域の変更が実施された。

1925年(大正14年)4月6日、日本陸軍の第三次軍備整理に伴い陸軍管区表が改正(大正14年軍令陸第2号)され[4]、同年5月1日、旅管は廃され引き続き第5師管の所属となり、岩国連隊区が廃止され管轄区域が大幅に変更された。

1940年(昭和15年)8月1日、広島連隊区は西部軍管区広島師管に属することとなった[5]1941年(昭和16年) 11月1日、福山連隊区が廃止され、管轄区域が広島県全域となった[6]

1945年2月11日、広島師管が中部軍管区に編入された[7]。同年には作戦と軍政の分離が進められ、軍管区師管区に司令部が設けられたのに伴い、同年3月24日、連隊区の同域に地区司令部が設けられた[8]。地区司令部の司令官以下要員は連隊区司令部人員の兼任である。同年4月1日、広島師管は広島師管区と改称された[9]。同年6月12日、広島師管区は中国軍管区に改組された[10]

管轄区域の変遷編集

1888年5月14日、陸軍管区表(明治21年勅令第32号)が制定され、広島大隊区の管轄区域が次のとおり定められた。

  • 広島県
広島区安芸郡賀茂郡豊田郡高宮郡沼田郡佐伯郡山県郡高田郡

1896年4月1日、連隊区へ改組された際に管轄区域の広島区が広島市に変更された[1]

1903年2月14日、管轄区域に呉市を加え、の統合により高宮郡・沼田郡を安佐郡に変更した[2]

1907年10月1日、岩国連隊区などが新設されたことに伴い、管轄区域が陸軍管区表(明治40年9月17日軍令陸第3号)により次のとおり定められた。安佐郡・佐伯郡・山県郡を岩国連隊区へ移管した。

  • 広島県
広島市・呉市・豊田郡・高田郡・賀茂郡・安芸郡

1915年(大正4年)9月13日、管轄区域が変更され、高田郡を岩国連隊区へ移管し、松山連隊区から愛媛県越智郡を編入した[11]1920年(大正9年)8月10日、管轄区域が変更され、愛媛県越智郡を松山連隊区へ移管した[12]

1925年5月1日、陸軍管区表の改正[13]に伴い岩国連隊区が廃止され、旧岩国連隊区から安佐郡・佐伯郡・高田郡・双三郡・山県郡を編入した。また、豊田郡・賀茂郡を福山連隊区へ移管した。変更後の管轄区域は次のとおり。

  • 広島県
広島市・呉市・安芸郡・安佐郡・佐伯郡・高田郡・双三郡・山県郡

1941年11月1日、福山連隊区が廃止され、その旧管轄区域を編入し広島県全域を管轄した[6]

司令官編集

広島大隊区
  • 林隼之輔 歩兵中佐:1888年5月14日 -
  • 山脇錥太郎 歩兵少佐:不詳 - 1896年1月23日[14]
  • 井石順介 歩兵少佐:1896年1月23日[14] - 不詳
広島連隊区
  • 四宮信応 砲兵中佐:1899年6月26日 - 1900年4月25日
  • 森祇敬 砲兵中佐:1900年4月25日 - 1902年11月1日
  • 矢島為三郎 歩兵少佐:1902年11月1日 -
  • 太田米丸 歩兵少佐:1904年3月22日 - 1907年3月15日
  • 千秋勧 歩兵少佐:1907年3月15日 - 1911年3月22日
  • 平岡鋼太郎 歩兵中佐:1911年3月22日 - 1913年8月22日
  • 岸本鹿太郎 歩兵中佐:1913年8月22日 - 1914年8月10日
  • 志岐重義 歩兵中佐:1914年8月10日 - 1916年11月15日
  • 木原仙八 歩兵大佐:1916年11月15日 -
  • 永野為孝 歩兵大佐:不詳 - 1922年8月15日[15]
  • 藤井勇吉 歩兵大佐:1922年8月15日[15] - 1923年8月6日[16]
  • 久我正二郎 歩兵大佐:1923年8月6日[16] -
  • 橋本清六 歩兵大佐:不詳 - 1935年8月1日[17]
  • 小林恒一 歩兵大佐:1935年8月1日[17] -

脚注編集

  1. ^ a b 陸軍管区表(明治29年3月16日勅令第24号)
  2. ^ a b 陸軍管区表(明治36年2月14日勅令第13号)
  3. ^ 『陸軍軍戦備』57-58頁。
  4. ^ 『陸軍軍戦備』101頁。
  5. ^ 陸軍管区表(昭和15年7月24日軍令陸第20号)
  6. ^ a b 陸軍管区表(昭和16年8月5日軍令陸第20号)
  7. ^ 陸軍管区表(昭和20年1月22日軍令陸第1号)
  8. ^ 『陸軍軍戦備』480頁。
  9. ^ 陸軍管区表(昭和20年2月9日軍令陸第2号)
  10. ^ 『陸軍軍戦備』492頁。陸軍管区表(昭和20年6月20日軍令陸第17号)。
  11. ^ 陸軍管区表(大正4年9月13日軍令陸第10号)
  12. ^ 陸軍管区表(大正9年8月7日軍令陸第10号)
  13. ^ 大正14年4月6日軍令陸第2号
  14. ^ a b 『官報』第3777号、明治29年2月4日。
  15. ^ a b 『官報』第3013号、大正11年8月16日。
  16. ^ a b 『官報』第3306号、大正12年8月7日。
  17. ^ a b 『官報』第2575号、昭和10年8月2日。

参考文献編集