メインメニューを開く

広州(こうしゅう)は、かつて中国に設置された州。現在の広東省広州市一帯に相当する。

魏晋南北朝時代編集

226年黄武5年)、により交州東部に広州が分割設置された。これは交州の権力者であった士燮の死後、呉が実効支配を進めるために、もともと士燮一族の支配が及んでいない交州西部を分割したものである。そのため、反抗した士燮一族が殺害されるとまもなく交州に統合されたが、264年永安7年)に交州で呂興が反乱を起こすと再設置された。交州の再制圧後も広州は廃止されなかったが、279年、今度は広州で郭馬が反乱を起こし、呉の滅亡の引き金になった。

呉を滅ぼした西晋以降も広州は廃止されず、そのまま引き継がれた。西晋は荊州南部を広州に移したが、東晋が再び荊州に戻した。

隋代編集

関連項目編集

注釈編集