メインメニューを開く
広幡忠隆

広幡 忠隆(ひろはた ただたか、1884年明治17年)12月11日[1] - 1961年昭和36年)4月12日[1])は、日本の逓信官僚政治家華族貴族院侯爵議員皇后宮大夫

目次

経歴編集

東京府侍従広幡忠朝の長男として生まれる[1]。父の死去に伴い1905年1月23日に侯爵を襲爵[1][2]

学習院中等学科同高等学科を経て、1909年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(仏法)を卒業[1]。同年12月10日、満25歳に達し貴族院侯爵議員に就任し[3]火曜会に所属して1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[1][4]

1910年2月、内閣総理大臣官房事務嘱託となる[1]。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格[1][5]1911年3月、逓信省に入省し逓信管理局書記に任官し管船局に配属された[1]

以後、戦時船舶管理局庶務課長、同航路課長、管船局庶務課長、兼管船局調査課長、燈台局長、管船局長などを歴任[1]1932年9月、皇后宮大夫兼侍従次長に就任し、1945年10月まで在任した[1]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本近現代人物履歴事典』437頁。
  2. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』下巻、429-430頁。
  3. ^ 『官報』第7941号、明治42年12月11日。
  4. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』21頁。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』198頁。
  6. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
広幡忠朝
侯爵
広幡家第3代
1905年 - 1947年
次代:
華族制度廃止