広東レパーズ(カントンレパーズ、簡体字: 广东猎豹队)は、中華人民共和国広東省広州市を本拠地とする中国プロ野球連盟のチーム。本拠球場は広東省広州 広東天河球場(両翼97m、センター122m、観客席2000席)。

広東レパーズ
創設 1995年
所属リーグ

中国プロ野球連盟

歴代チーム名

(プロ野球チームとして)

  • 広東ライトニング(2002年)
  • 広東レパーズ(2003年 - )
本拠地
広東天河球場
収容人員 2000人
広東省広州
フランチャイズの遍歴

広東省広州(2002年 - )

永久欠番

なし

獲得タイトル
成績(タイトル以外)
シリーズ出場(4回)(太字は勝利した年)
  • 2006
  • 2007
  • 2009
  • 2010
球団組織
監督 頼国鈞
広東レパーズ
各種表記
繁体字 廣東獵豹隊
簡体字 广东猎豹队
拼音 Guăngdōng lièbàoduì
発音: グァンドン リェバオドゥイ
英文 Guangdong Leopards
テンプレートを表示

広島東洋カープと業務提携を結んでいる。そのためコーチの派遣や、ドミニカのカープアカデミーから選手が派遣されることがある。ここでプレーをして広島に進むドミニカ人選手もいる。逆に広東の選手が広島のキャンプに練習生として参加することもある。日本語では、広東レオパーズという表記もある[1]

沿革編集

  • 1995年 結成される。
  • 2006年 初のプレーオフ進出を果たし、西南、華北地区2位の北京タイガースとのプレーオフを制して初の中国シリーズ出場を果たすも、天津に三連敗で敗れ準優勝。
  • 2007年 この年も北京タイガースとのプレーオフを制し、中国シリーズ進出を果たす。昨年と同じ天津に1勝3敗で敗れ、2年連続2度目の準優勝。
  • 2010年 地区制が廃止され、13勝5敗で2位になり中国シリーズ進出。北京タイガースを2連勝で下し、初優勝を果たす。


主な所属選手編集

投手

捕手

内野手

外野手

かつて在籍した選手編集

ドミニカ人選手はすべてカープアカデミーからの派遣。全員が何らかの形(練習生等)で広島に在籍経験がある。

投手
野手

脚注編集

  1. ^ 例:中国”. ワールド・ベースボール・クラシック (2017年). 2018年10月12日閲覧。但しLeopardsは英語で「レパーズ」と発音されるため、レオパーズは誤用。

外部リンク編集