メインメニューを開く

広橋 光成(ひろはし みつしげ)は、江戸時代後期の公卿広橋伊光の孫、広橋胤定の子。官位従一位広橋家25代当主。

経歴編集

京都で誕生。寛政10年(1798年)2歳で従五位下享和2年(1802年元服し、従五位上。のち蔵人頭左中弁右中弁を歴任。文政7年(1824年参議右大弁左大弁、文政11年(1828年権中納言弘化2年(1845年正二位権大納言と昇進を重ねる。

天保6年(1835年議奏を経て、安政4年(1857年武家伝奏となる。翌年、条約勅許問題では朝幕間の調停に努めた。その後も和宮降嫁などに腐心する。安政の大獄では処分を受けた。万延元年(1860年)11月23日、従一位。文久2年(1862年准大臣に昇進するも、翌日に薨去した。

先代:
広橋胤定
広橋家
25代当主
次代:
広橋胤保