メインメニューを開く

広橋 兼秀(ひろはし かねひで)は、戦国時代公家

 
広橋兼秀
時代 戦国時代
生誕 永正3年(1506年
死没 永禄10年8月5日1567年9月17日
官位 従一位内大臣
主君 後柏原天皇後奈良天皇
氏族 広橋家
父母 父:広橋守光、母:広橋綱光の娘
勧修寺政顕の娘、源承の娘
国光庭田重保室、保子国子
テンプレートを表示

経歴編集

永正7年(1510年従五位下に叙爵。その後蔵人頭、右大弁を歴任して、天文4年(1535年正四位上参議に任官した。翌年には従三位中納言。天文11年(1542年従二位大納言となるが、翌年には子の国光に譲った。その後、弘治3年(1557年内大臣となるが、間もなく隠居した。永禄10年(1567年)薨去。

また武家伝奏としても活動しており、天文5年(1536年)に周防国大内義隆(義隆室に、兼秀の娘である広徳院御新造がいた)の下へ下向している。その他賀茂伝奏春日祭上卿

系譜編集

関連項目編集