メインメニューを開く

広橋 規子(ひろはし のりこ、1907年明治40年)4月27日 - 1985年昭和60年)8月25日)は、日本の元皇族梨本宮守正王第二王女。広橋真光伯爵夫人。旧名は規子女王李方子は実姉、香淳皇后は従姉。

広橋規子
続柄 梨本宮守正王第二女子
身位 女王降嫁
敬称 殿下 → 降嫁
出生 1907年4月27日
日本の旗 日本東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区)梨本宮邸
死去 (1985-08-25) 1985年8月25日(78歳没)
東京都新宿区、東京女子医大病院
配偶者 広橋真光
子女 梨本儀光
父親 梨本宮守正王
母親 守正王妃伊都子
役職 大日本婦人会渋谷支部長
テンプレートを表示
1918年(大正7年)、姉方子女王の納采の儀にて。右端が規子女王

生涯編集

1925年(大正14年)7月に山階宮武彦王と同年秋にも結婚すると発表され、規子女王は学習院を退学した[1]。婚約中は、武彦王が創設した御国航空練習所を訪問し、強い関心を示した[2]。しかし、武彦王は前妃を関東大震災で失って以降、神経衰弱を発病しており、まだ10代と若い規子女王への配慮[3]から、翌年7月に婚約を辞退すると発表があった[4]。翌8月に正式に破談となった。

規子女王は、同年12月に広橋真光伯爵に降嫁した。その後は、慈善活動を行った[5]。戦中は大日本婦人会の渋谷支部長[6]として活動していた。

1985年(昭和60年)8月25日脳腫瘍のため東京女子医大病院で逝去した[7]

脚注編集

  1. ^ 1925年7月11日読売新聞「空の宮の御婚儀 梨本宮規子女王と十月中旬に 御結婚後は御留學か」
  2. ^ 1925年5月2日朝日新聞「御婚約の宮と御同伴で きのふ規子女王の立川御見學 空の宮様に劣らぬ御熱心ぶり」
  3. ^ 1926年8月6日読売新聞「山階宮武彦王殿下御婚約御解除を発表」
  4. ^ 1926年7月25日読売新聞「山階宮武彦王 御結婚を御辭退」
  5. ^ 1930年11月23日朝日新聞(夕刊)「各宮妃殿下お成りの、市冬季失業救済バザー」
  6. ^ 1942年11月5日朝日新聞「一〇〇万超える会員 あす日婦支部の結束強化大会」
  7. ^ 1985年8月7日読売新聞「(訃報欄)広橋規子さん」

外部リンク編集