広永 益隆(ひろなが やすたか、1968年3月5日 - )は徳島県出身の元プロ野球選手外野手)。右投左打。

広永 益隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市
生年月日 (1968-03-05) 1968年3月5日(52歳)
身長
体重
172 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1985年 ドラフト3位
初出場 1989年4月8日
最終出場 1998年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

現役通算34本塁打ながら、節目のメモリアルアーチや珍しい記録を伴う本塁打が多いことから、「メモリアル男」、「記憶より記録に残る男」と呼ばれた。

来歴・人物編集

徳島県立徳島商業高等学校への在学中には、「四国屈指のスラッガー」として名を馳せながら、2年時の春から甲子園球場の全国大会に4季連続出場。2年時には「3番・右翼手」だったが、3年時には「3番・投手」として甲子園球場のマウンドに立っていた。

1985年のNPBドラフト会議で、南海ホークスから3位指名を受け入団。外野手として指名されたため、入団後は野手に専念。南海時代の3年間で一軍昇格はなかった。ホークスの経営権と本拠地の移転に伴って球団名が「福岡ダイエーホークス」に変わった1989年に、プロ4年目で初めて一軍に昇格。4月8日日本ハムとの開幕戦(東京D)で、1点ビハインドの5回表に代打で一軍公式戦初打席を迎えると、西崎幸広から逆転の3点本塁打を放った。この一打は、ダイエー球団公式戦史上第1号、平成のパ・リーグ第1号[1]および、日本プロ野球史上初の、開幕戦での一軍公式戦初打席本塁打になった。以降も、代打を中心に勝負強さと長打力を発揮。監督が杉浦忠から田淵幸一に代わった1990年には、規定打席未満ながら打率.313を記録したほか、9月26日オリックス戦(西宮)で山沖之彦から放った本塁打が、日本プロ野球通算6万号本塁打になった。1992年6月6日西武戦(西武球場)で、パ・リーグ通算3万号本塁打を潮崎哲也からマーク。同年限りで平和台球場から福岡ドームへの移転が決まっていた為、10月1日近鉄戦で野茂英雄から放ったソロ本塁打が、平和台球場のプロ野球公式戦最後の本塁打になった。この試合では、1対0という僅差のスコアで、新人の若田部健一が完封勝利を収めている[2]。しかし、広い福岡ドームに移転した1993年は0本塁打に終わった。1994年は前半を二軍で過ごしていたが、シーズン途中に金銭トレードでヤクルトスワローズへ移籍。1995年には代打として、2年ぶりのリーグ優勝・日本一に貢献。1996年4月20日読売ジャイアンツ戦(神宮)で、延長10回裏に木田優夫から代打サヨナラ本塁打、斎藤雅樹が通算150勝を達成した8月16日の巨人戦(東京D)で代打本塁打を放っている。1997年のシーズン途中に、馬場敏史岩崎久則との交換トレードで、小倉恒とともにオリックス・ブルーウェーブへ移籍。1998年7月7日ロッテ戦(GS神戸)で延長12回裏に、五十嵐章人の代打として登場した藤本博史の代打(代打の代打)に起用されると、近藤芳久からサヨナラ満塁本塁打を放った。ロッテはこの試合まで16連敗(当時の日本プロ野球史上最長タイ記録)を喫していたが、この一打によって連敗が17に伸びたことから、最長連敗記録を62年振りに更新。ヤクルト時代の1996年にセ・リーグ公式戦で代打サヨナラ本塁打を放っていた広永にとって、パ・リーグ公式戦で初めての代打サヨナラ本塁打であったため、広永はNPB史上2人目の両リーグ代打サヨナラ本塁打記録者になった。さらに、代打の代打によるサヨナラ本塁打はパ・リーグ初となった。しかし、翌1999年には一軍公式戦での出場機会がなく、この年限りで現役を引退。

現役引退後は、マスターズリーグの初年度(2001年度)に、選手として福岡ドンタクズに参加。2005年アークバリアドリームクラブ香川県高松市に本拠地を置く社会人野球のクラブチーム)設立を機に、初代の総監督を務めた。退任後は、地元・四国の少年野球チームを指導するほか、徳島県内(名西郡石井町)の屋内型バッティングセンター「ジョイスポーツ」で野球教室を開いている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1989 ダイエー 35 49 47 11 14 4 0 4 30 15 0 0 0 0 2 1 0 17 1 .298 .327 .638 .965
1990 80 217 198 27 62 11 1 8 99 23 1 2 2 0 15 0 2 49 8 .313 .367 .500 .867
1991 91 161 138 25 32 4 0 8 60 25 0 0 0 2 21 1 0 40 3 .232 .329 .435 .764
1992 81 171 153 13 27 4 1 6 51 18 0 1 0 0 18 0 0 48 0 .176 .263 .333 .596
1993 19 25 23 0 4 1 0 0 5 3 0 0 0 0 2 0 0 11 1 .174 .240 .217 .457
1994 ヤクルト 44 49 42 1 10 2 0 1 15 2 0 0 0 0 7 0 0 14 2 .238 .347 .357 .704
1995 39 52 47 3 9 1 0 2 16 9 0 0 0 0 5 1 0 15 0 .191 .269 .340 .610
1996 20 32 29 5 11 1 1 2 20 10 0 0 0 0 3 1 0 7 0 .379 .438 .690 1.127
1997 5 5 5 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .200 .200 .200 .400
オリックス 8 11 9 1 2 0 0 1 5 1 0 1 0 0 1 0 1 3 0 .222 .364 .556 .919
'97計 13 16 14 1 3 0 0 1 6 2 0 1 0 0 1 0 1 6 0 .214 .313 .429 .741
1998 41 56 50 4 11 1 0 2 18 9 0 0 0 1 4 0 1 16 3 .220 .286 .360 .646
通算:10年 463 828 741 90 183 29 3 34 320 116 1 4 2 3 78 4 4 223 18 .247 .321 .432 .753

記録編集

初記録
  • 初出場:1989年4月8日、日本ハムファイターズ1回戦(東京ドーム)、5回表に坂口千仙の代打で出場
  • 初打席・初安打・初本塁打・初打点:同上、5回表に西崎幸広から右越逆転3ラン ※史上25人目の初打席初本塁打(初打席代打本塁打は史上9人目)
  • 初先発出場:1989年5月7日、ロッテオリオンズ4回戦(平和台球場)、6番・右翼手で先発出場

本塁打に関する記録編集

  • 代打本塁打14本:史上7位
  • 福岡ダイエーホークス球団第1号本塁打:1989年4月8日
  • パ・リーグ平成第1号本塁打:同上
  • 開幕戦プロ初打席本塁打:同上 ※史上初
  • 開幕戦代打本塁打:同上 ※史上11人目(パ・リーグ8人目)
  • 日本プロ野球通算6万号本塁打:1990年9月26日、オリックス・ブレーブス24回戦(西宮球場)、6回表に山沖之彦から
  • パ・リーグ通算3万号本塁打:1992年6月5日、西武ライオンズ10回戦(西武球場)、6回表に藤本博史の代打で出場、潮崎哲也から2ラン
  • 平和台球場公式最終戦本塁打:1992年10月1日、近鉄バファローズ21回戦(平和台球場)、8回裏に野茂英雄から先制決勝ソロ
  • 代打サヨナラ満塁本塁打:1998年7月7日、千葉ロッテマリーンズ13回戦(グリーンスタジアム神戸)、11回裏に藤本博史の代打で出場、近藤芳久から右越サヨナラ満塁本塁打 ※史上11人目(敗れたロッテの連敗日本記録が樹立)
  • 代打の代打でサヨナラ本塁打:同上 ※史上2人目[3]、パリーグ史上初
  • 代打の代打で満塁本塁打:同上 ※NPB史上6人目[4]
  • 両リーグ代打サヨナラ本塁打:同上 ※史上2人目
    • セリーグでの代打サヨナラ本塁打:1995年4月20日、読売ジャイアンツ5回戦(神宮球場)、10回裏に山田勉の代打で出場、木田優夫からサヨナラソロ

背番号編集

  • 47(1986年 - 1994年途中)[5]
  • 49(1994年途中 - 1997年途中)
  • 00(1997年途中 - 1999年)

脚注編集

  1. ^ 同日予定されていた残りの2カード(西武対ロッテ、近鉄対オリックス)は共に雨天中止
  2. ^ 【10月1日】1992年(平4) さらば平和台…フィナーレを飾ったのはルーキーと記録男”. スポーツニッポン. 2011年10月28日閲覧。
  3. ^ 【8月5日】2006年(平18) 外国人初!パスクチ、代打の代打サヨナラ弾スポーツニッポン2010年8月12日
  4. ^ 週刊ベースボール2014年6月30日号97ページ
  5. ^ 1994年は広永→ボビー・シグペンケビン・ライマーと3人の選手が付けることになる。

関連項目編集

外部リンク編集