メインメニューを開く

広沢 菊春(ひろさわ きくはる)は、浪曲名跡

初代編集

広沢 菊春1884年3月24日 - 1948年8月27日)本名は、佐々木善三郎。

初代広沢虎吉の流れを汲む初代広沢菊路の門下。 京都生まれで、初代広沢菊路に17歳で入門。23歳の時真打となり、1917年大阪で初めて渡米した浪曲人である。浅草国技館では東家楽遊と割看板で興行するほど活躍。義士伝物、義民伝物が得意であった。

鳥取県米子市で死去。行年65歳。墓所は、京都市北区の光念寺 法号 明岸善達禅定門位

妻は曲師の広沢小富、実の子に2代目菊春、天龍三郎がいる。

2代目編集

広沢 菊春1914年3月10日 - 1964年4月15日大阪府出身。本名は佐々木勇。落語浪曲で売った鬼才。浪曲協会には所属せず、落語芸術協会所属。出囃子は「小鍛冶」。

初代の息子。実弟に天龍三郎がいる。15歳で「フラフラ節」で有名だった岡本玉治に入門。17歳で上京し3代目早川燕平の門下になる。帰阪し父の門下になり広沢小菊春、さらに梅中軒鶯童の門下で現童を経て2代目菊春を襲名。その後本格的に東京で活動を始める。吉本興業に所属。

従来の浪曲とは一線を画す舞台を展開。出囃子に乗って座布団の上に正座し浪曲を落語風にアレンジしたり落語を浪曲風にアレンジしたり等新しいことに挑戦した。他にも新作浪曲にも手掛けている。筆名は池上勇。咽頭ガンのため夭折。

得意演目には「左甚五郎」「佐々木小次郎」「姿三四郎」等。

弟子には澤孝子民謡藤本春駒歌手津田耕治ほか。