メインメニューを開く
国道48号標識
広瀬通。仙台西道路、立町トンネル口。

広瀬通(ひろせどおり)は、宮城県仙台市青葉区にある道路である。戦後に造られた都市計画道路元寺小路川内線であり、新聞社の河北新報の企画により広瀬通と呼ばれるようになった。沿道の街路樹イチョウである。

目次

路線編集

 
位置

仙台市都心部を東西に走る幹線道路の内、広瀬通は定禅寺通青葉通の間にある道路である。

広瀬通の西側は二層構造の仲の瀬橋を経て文教地区の川内、青葉山地区に至る。広瀬通の途中で自動車専用道路仙台西道路への分岐があり、こちらはトンネルへ入る。仙台発着の高速バスは、この広瀬通と仙台西道路を経由して、仙台宮城インターチェンジから東北自動車道に入る路線が多い。広瀬通の東二番丁通から川内トンネル口までの区間は国道48号に指定されている。

広瀬通の東側には、元寺小路福室線が続く[1]。この道は仙台駅東第二土地区画整理事業[2]の一環として拡幅された道路で、宮城野橋(X橋)を経て仙台市東部に向かう。

広瀬通と東二番丁通の交差点は、仙台で最も多くの交通事故が起きる交差点として有名である。

交差する道路編集

交差する道路 交差する場所 路線番号 起点から
(km)
国道48号仙台西道路(川内トンネル)山形折立方面
西公園通 西公園 国道48号
国道48号仙台西道路(立町トンネル)山形仙台宮城IC方面 -
晩翠通 東北公済病院 0.0
国道48号 -
国道48号,国道286号東二番丁通 本町2丁目 -
仙台市道青葉1169号・広瀬通1号線 -
愛宕上杉通 中央2丁目 -
駅前通 宮城野橋 -
扇町・箱堤・榴岡公園方面

歴史編集

 
広瀬通りのイチョウ並木

江戸時代から第二次世界大戦まで、現在の広瀬通の国分町通より西側は立町、西公園通より西側は立町新丁と呼ばれており、仲の瀬橋へと繋がっていた。国分町通より東半分には特に道がなかったが、少し北にずれて、玉沢横丁(国分町 - 東一番丁)・立町通(東一番丁 - 東二番丁)と東へ続き、また北にずれて赤井横丁(東二番丁 - 東三番丁)へと繋がっていた。

1945年(昭和20年)7月の仙台空襲で焼け跡になった仙台市を戦後に復興するに際し、宮城県は元寺小路から西公園まで50メートル幅という市内最大幅の道路を新たに敷く計画を作り、11月15日に公表した[3]。これが広瀬通の原型である。仙台市による修正を経て、1946年(昭和21年)11月11日の国の戦災復興院告示で決定された計画では、50メートル道路は後の青葉通に変更になり、元寺小路川内線は36メートル幅に落ち着いた[4]。元寺小路川内線は、立町を拡幅した上で、東に直線的に延長する形で建設された。赤井横丁は元寺小路川内線の建設の影響を受けずに残ったが、それ以外の道は建設前の姿を残していない。

1947年(昭和22年)2月の締め切りで市内の新設街路の愛称が地元紙『河北新報』で公募され、投票で1位になった広瀬通に決まった[5]1960年(昭和35年)に、街路樹をイチョウに統一した[6]

沿道編集

沿道両脇は、企業の本支店が入るオフィスビルが多く並んでいるが、広瀬通と一番町が交差する「広瀬通一番町」の周辺は仙台の商業物販・サービス)の中心地であり、ファッションビル専門店などが軒を連ねている。この交差点の広瀬通沿いには、高速バスや仙台市営バスなどのバス停留所タクシー乗り場、地下駐輪場があり、また、一番町四丁目商店街とぶらんどーむ一番町との間の横断歩道があるため、この交差点を先頭に広瀬通が渋滞する傾向がある。さらに、夕方以降に渋滞が起きる繁華街国分町から渋滞が波及し、「広瀬通国分町」も混雑する。特に広瀬通の東行き(仙台駅方面)の渋滞がひどい。

建物や施設など編集

地下構造物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 仙台市都市計画道路整備状況図 (PDF) (仙台市)2019年7月12日閲覧。
  2. ^ 仙台駅東第二土地区画整理事業(仙台市)
  3. ^ 『仙台市史』通史編8(現代1)121頁。
  4. ^ 『仙台市史』通史編8(現代1)127頁。
  5. ^ 『仙台市史』通史編8(現代1)127頁。
  6. ^ 「緑の歴史・今昔」(仙台市)
  7. ^ 駐輪場マップ Archived 2007年12月23日, at the Wayback Machine.(仙台市)

参考文献編集

  • 仙台市開発局・編集発行『戦災復興余話』、1980年。
  • 仙台市史編纂委員会『仙台市史』通史編8(現代1)、仙台市、2011年。