広神戸駅

日本の岐阜県安八郡神戸町にある養老鉄道の駅

広神戸駅(ひろごうどえき)は、岐阜県安八郡神戸町大字神戸にある、養老鉄道養老線

広神戸駅
Hiro-Godo Station ac (1).jpg
駅舎
ひろごうど
HIRO-GŌDO
東赤坂 (2.8 km)
(1.6 km) 北神戸
岐阜県安八郡神戸町大字神戸字西浦122
所属事業者 養老鉄道
所属路線 養老線
キロ程 50.3 km(桑名起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
848人/日
-2018年-
開業年月日 1913年大正2年)7月31日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

神戸町の中心駅となっている。

駅構造編集

1面1線の単式ホームを持つ地上駅。棒線駅のため、揖斐行きと大垣行きの双方が同一ホームに発着する。

駅舎がホーム手前にあり、以前は終日駅員配置駅であった。1970年代半ばまでは行き違いが可能であったため、反対側には揖斐行きに使用していた旧ホームの跡が残っており、旧ホーム東側の線路は撤去されている。旧ホーム西側にも線路があり、一時保線用のモーターカートロッコの留置場となっていたこともあった。なお、この駅のやや北方からは1950年代から1970年代半ばまで、東邦レーヨン(現・東邦テナックス)までの貨物線が分岐していた。この貨物線は現在でもその痕跡を残している。

駅前広場のうち南側のかつて貨物駅があったところは、池と日吉神社の7つの神輿をモチーフにしたオブジェが置かれているミニ公園になっている。オブジェは車内からも見える。

駅営業面編集

  • 無人駅だが平日のラッシュ時(7:00頃 - 9:00頃及び16:00頃 - 19:00頃)はきっぷうりば(出札窓口)が開き一部区間の乗車券を発売している。
  • また、当駅前にある「ごうど観光交流館『ひよしの里』」ではマイレールチケット21(21枚つづりの回数券)や1日フリーきっぷ、片道乗車券(軟券)、往復乗車券(硬券)、硬券入場券[1][2]などを発売している。(2019年10月22日現在)

利用状況編集

広神戸駅の利用状況の変遷を下表に示す。

  • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
  • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(広神戸駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1956年(昭和31年)   ←←←←   611,761      
1957年(昭和32年)   ←←←←   607,500      
1958年(昭和33年)   ←←←←   539,356      
1959年(昭和34年)   ←←←←   684,212      
1960年(昭和35年)   ←←←←   729,462      
1961年(昭和36年)   ←←←←   757,537      
1962年(昭和37年)   ←←←←   764,977      
1963年(昭和38年)   ←←←←   807,936      
1964年(昭和39年)   ←←←←   804,027      
1965年(昭和40年)   ←←←←   802,263      
1966年(昭和41年)   ←←←←   775,151      
1967年(昭和42年)   ←←←←   766,918      
1968年(昭和43年)   ←←←←   705,438      
1969年(昭和44年)   ←←←←   682,415      
1970年(昭和45年)   ←←←←   659,000      
1971年(昭和46年)   ←←←←   650,000      
1972年(昭和47年)   ←←←←   607,000      
1973年(昭和48年)   ←←←←          
1974年(昭和49年)   ←←←←          
1975年(昭和50年)   ←←←←          
1976年(昭和51年)   ←←←←          
1977年(昭和52年)   ←←←←          
1978年(昭和53年)   ←←←←          
1979年(昭和54年)   ←←←←          
1980年(昭和55年)   ←←←←          
1981年(昭和56年)   ←←←←          
1982年(昭和57年)   ←←←←     11月16日 2,301  
1983年(昭和58年)   ←←←←     11月8日 2,052  
1984年(昭和59年)   ←←←←     11月6日 2,201  
1985年(昭和60年)   ←←←←     11月12日 2,128  
1986年(昭和61年)   ←←←←     11月11日 1,873  
1987年(昭和62年)   ←←←←     11月10日 1,916  
1988年(昭和63年)   ←←←←     11月8日 1,829  
1989年(平成元年)   ←←←←     11月14日 1,640  
1990年(平成2年)   ←←←←     11月6日 1,727  
1991年(平成3年)   ←←←←          
1992年(平成4年)   ←←←←     11月10日 1,686  
1993年(平成5年)   ←←←←          
1994年(平成6年)   ←←←←          
1995年(平成7年)   ←←←←     12月5日 1,594  
1996年(平成8年)   ←←←←          
1997年(平成9年)   ←←←←          
1998年(平成10年)   ←←←←          
1999年(平成11年)   ←←←←          
2000年(平成12年)   ←←←←          
2001年(平成13年)   ←←←←          
2002年(平成14年)   ←←←←          
2003年(平成15年)   ←←←←          
2004年(平成16年)   ←←←←          
2005年(平成17年)   ←←←←     11月8日 1,060  
2006年(平成18年)   ←←←←          
2007年(平成19年)   ←←←←          
2008年(平成20年)   ←←←←     11月18日 1,064  
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←     11月9日 1,042  
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←          
2013年(平成25年)   ←←←←          
2014年(平成26年)   ←←←←          
2015年(平成27年)   ←←←←     11月10日 933  
2016年(平成28年)   ←←←←          
2017年(平成29年)   ←←←←          
2018年(平成30年)   ←←←←     11月13日 848  
2019年(令和元年)   ←←←←          
2020年(令和2年)   ←←←←          

駅周辺編集

なお、駅から徒歩15分ほどで名阪近鉄バス神戸町役場前、もしくは神戸小学校前のバス停があるため、揖斐郡大野町黒野方面や大垣方面へバスで乗り継ぐことも可能である。2010年(平成22年)9月までは至近の本町通りに神戸本町バス停があった。

歴史編集

隣の駅編集

養老鉄道
養老線
東赤坂駅 - 広神戸駅 - 北神戸駅

脚注編集

  1. ^ ごうど観光交流館「ひよしの里」|岐阜県安八郡神戸町公式ホームページ”. 岐阜県安八郡神戸町公式ホームページ. 神戸町. 2019年10月22日閲覧。
  2. ^ 広神戸駅・池野駅の硬券入場券の発売再開について”. www.yororailway.co.jp. 養老鉄道株式会社. 2019年10月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

ごうど観光交流館「ひよしの里」