広角駅(ひろつのえき)は、かつて和歌山県新宮市新宮にあった鉄道省紀勢中線(現・西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線)の廃駅)である。

広角駅*
ひろつの
Hirotsuno
熊野地 (2.4km)
(2.0km) 三輪崎
所在地 和歌山県新宮市新宮
所属事業者 鉄道省
所属路線 紀勢中線
キロ程 3.4km(新宮起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1932年昭和7年)8月1日
廃止年月日 1937年(昭和12年)7月1日
備考 * 御手洗停留場より改称
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1932年(昭和7年)8月1日 - 新宮鉄道三輪崎駅 - 熊野地駅間に御手洗停留場(みたらいていりゅうじょう)として開業。
  • 1934年(昭和9年)7月1日 - 新宮鉄道が買収されて国有化され、当駅を含む新宮駅 - 紀伊勝浦駅間が紀勢中線となる[1]。御手洗停留場を広角駅へ改称。旅客のみ取り扱い。
  • 1937年(昭和12年)7月1日 - 当駅廃止[2]
  • 1938年(昭和13年)5月20日 - 新宮駅 - 三輪崎駅間が熊野地駅を経由しない新線に切り替えられる(当駅 - 三輪崎駅区間は旧線と同経路)。

隣の駅編集

鉄道省
紀勢中線
熊野地駅 - 広角駅 - 三輪崎駅

脚注編集

  1. ^ 「鉄道省告示第281・282号」『官報』1934年6月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「鉄道省告示第179号」『官報』1937年5月31日(国立国会図書館デジタルコレクション)