広野ダム

広野ダム(ひろのダム)は、福井県南条郡南越前町一級河川九頭竜川水系日野川に建設されたダム。高さ63メートル重力式コンクリートダムで、洪水調節不特定利水工業用水道発電を目的とする、福井県営多目的ダムである。ダム湖(人造湖)の名は広野ダム湖(ひろのダムこ)という。

広野ダム
広野ダム
左岸所在地 福井県南条郡南越前町広野50字湯林
位置
河川 九頭竜川水系日野川
ダム湖 広野ダム湖
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 63 m
堤頂長 162 m
堤体積 143,000
流域面積 42.3 km²
湛水面積 54 ha
総貯水容量 11,300,000 m³
有効貯水容量 9,600,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水
工業用水道発電
事業主体 福井県
電気事業者 北陸電力
発電所名
(認可出力)
広野発電所(1,400kW
施工業者 熊谷組
着工年/竣工年 1967年/1976年
出典 [1]
テンプレートを表示

最大出力1,400kWのダム式発電を行っている。

広野ダム湖

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 電気事業者・発電所名(認可出力)については福井県・北陸電力両者の譲渡契約締結発表(福井県「福井県電気事業の譲渡契約の締結について」、北陸電力「福井県からの電気事業譲り受けに関する譲渡契約書の締結について」2009年10月30日付、2011年8月1日閲覧)、その他は「ダム便覧」(2011年8月1日閲覧)による。

関連項目編集

外部リンク編集