メインメニューを開く

エスモールS-MALL)は、山形県鶴岡市にある庄交コーポレーションが運営するショッピングセンター。「S-MALL」とも表記される。庄内交通鶴岡バスセンターや東京第一ホテル鶴岡に直結し、65店舗のテナントで構成。

エスモール
S-MALL
エスモール
エスモール
店舗概要
開業日 1978年11月
正式名称 庄交モール
施設管理者 庄交コーポレーション
営業時間 10:00 - 20:00
前身 ダイエー鶴岡店(庄交モール)
後身 エスモール
最寄駅 鶴岡駅

地元では、若者の間ではエスモの愛称で親しまれている。また、旧称である庄交モール(しょうこうモール)と呼ぶ人も少なくない。

目次

概要編集

1978年11月、庄内交通グループの運営するバスターミナルショッピングセンター(SC)の併設施設「庄交モール」として出発。SCと駐車場や東京第一ホテル鶴岡などは直結している。開業時にはSCのキーテナントとしてダイエー鶴岡店が入り、ピーク時には同店の年間売り上げが約54億円を超え[1]、山王町商店街や銀座通りなど、鶴岡の商業界に大きな影響を与えていた。

しかし、2001年8月に東田川郡三川町国道7号三川バイパス沿いにイオン三川SC(現:イオンモール三川)が開業すると、ダイエー鶴岡店は売り上げ低迷に陥り、ダイエーは経営再建策の一環に沿って、2002年8月31日をもって鶴岡店を閉店した[1]。その後、庄交モールは、改装によってファッション性の高いテナントを導入。またSC名をエスモールと改称して、同年10月26日にリニューアルオープンした[2]

ダイエーの撤退や施設の老朽化のほか、郊外型量販店からの圧迫を受け苦戦していた。一時存続が危ぶまれたが、リニューアルを活発に行い、人の流れを取り戻しつつある。

営業時間は、10:00 - 20:00まで。

年表編集

  • 1978年昭和53年)11月 - 庄交モールとしてオープン。主テナントはダイエー。
  • 1979年(昭和54年)12月2日 - 庄交モールなどの事業を行う庄交コーポレーションを設立。
  • 2002年平成14年)
    • 8月31日 - ダイエー鶴岡店が撤退し、専門店を閉鎖。
    • 10月26日 - S-MALL(エスモール)として、専門店の営業を再開。
  • 2003年(平成15年)5月15日 - 株式会社東京第一ホテル鶴岡(存続会社)に吸収され、株式会社庄交コーポレーションとなった。この際に不動産関連会社やプラスワン、庄交トラベル等も合併した。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - エスモールバスターミナルの全面改修工事が完了しオープン。

テナント編集

スーパー編集

  • 食彩館

専門店編集

生活関連編集

  • 1階
    • パントーネ、ファンシーフラワー、庄内っ娘、鶴岡木村屋、ビアード・パパ スイーツ、アクアヴィータ
  • 2階

ファッション/カルチャー編集

  • 1階
    • Brats、イーストボーイファミリー、CLEF DE SOL、佐藤正栄堂、Aube、EGAMI、さが美、ラ・ジョセフ、マグニン、ロベリア、Dip Drops、グリーンダック、I Love Boo、Pocky BEAR、trefle、CREA、FREEDOM、バッグコレクションモリタ、BACK STAGE、ニューステップ、PRIME
  • 2階

飲食店編集

サービス編集

  • 1階
  • 2階
    • ナムコランド、まなびの広場、赤ちゃんルーム

ATM編集

エスモールバスターミナル編集

 
旧バスターミナル

庄内交通の主要ターミナルであり、鶴岡地域のほとんどのバスはエスモール発着となっている。

2017年4月1日、待合スペースを拡充し、庄交トラベル事業部のチケットカウンターやコーヒーショップを整備したバスターミナル全面改修工事が完了し、オープンした[3][4]

高速バス路線編集

すべての高速バス路線は、4番乗り場から発車する。

空港アクセス編集

  • 空港リムジンバス:庄内空港へ飛行機の発着に合わせて運行(1日4往復)。

路線バス編集

庄内交通の運行

  • どの路線も本数があまり多くないため、時刻表を確認する必要がある。
  • エスモールの閉店時間まで運行している路線バス高速バス以外)はない。

※1番のりばは現在欠番となっている。

  • 2番のりば(平日のみ運行の路線が発車)
  • <鶴岡市内廻り1・2コース> エスモール - 鶴岡駅前 - 鶴岡東高校 - 伊勢原町 - 荘内病院 - 鶴岡駅前 - エスモール
  • <鶴岡市内廻り3・4コース> エスモール - 鶴岡駅前 - 主婦の店新斎町店前 - 庄内観光物産館 - 荘内病院 - 鶴岡駅前 - エスモール
  • 5番のりば
    • 降車専用
    • 中央高校(平日のみ、土日祝祭日と同校休校期間中は運休)
    • 南センター(外内島) … 日吉町、山王町、銀座通り経由
    • 南センター(外内島) … 荘内病院、市役所前経由 ※平日のみ

その他編集

周辺編集

徒歩でJR羽越本線の線路沿いに行くと、バスターミナル側に着くことができる。周辺は若干の店舗があるものの、にぎわいをみせるまでに至っていない。近隣には、長らく大きな建造物は建てられなかったが、2005年サンシティのマンションが建設された。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b 「ダイエー鶴岡店が閉店 三川SCの開店が響く 来月31日 『朝日新聞』山形版 2002年7月2日
  2. ^ 「専門店など34店、エスモール開店 鶴岡」 『朝日新聞』山形版 2002年10月27日
  3. ^ “新たな庄内観光、創造 庄交グループ旅行商品開発へ”. 山形新聞. (2016年11月30日). http://www.yamagata-np.jp/news/201611/30/kj_2016113000655.php 2017年5月15日閲覧。 
  4. ^ “エスモールのバスターミナルリニューアルオープン”. 荘内日報. (2017年4月2日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2017:04:02:7809 2017年5月15日閲覧。 

外部リンク編集