メインメニューを開く

庄司 智久(しょうじ ともひさ、1953年5月30日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手外野手)。

庄司 智久
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県東牟婁郡古座川町
生年月日 (1953-05-30) 1953年5月30日(66歳)
身長
体重
176 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1971年 ドラフト3位
初出場 1974年5月18日
最終出場 1988年10月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

新宮高校では、二塁手として1971年夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、市和歌山商に敗退。高校同期に峯本達雄がいる。

同年のドラフト3位で読売ジャイアンツに入団、外野手に転向。プロ入り4年目の1975年に代走要員として54試合に出場するも、当時はV91965年1973年)メンバーの柴田勲高田繁末次利光がレギュラーとして絶頂期を迎えており、レギュラーはおろか一軍のベンチに定着することも出来ず、二軍生活が続いた。

1976年イースタン・リーグ(二軍)で盗塁王。翌1977年、同リーグで打撃三冠王首位打者本塁打王打点王)と盗塁王の四冠を獲得。1978年、イースタンの成績から一軍に昇格し、主に守備要員として試合に出場した(イースタンで三たび盗塁王になる)。1980年長嶋茂雄監督による積極的な戦力補強の一環として、古賀正明小川清一との2対3の交換トレードで小俣進田村勲と共にロッテオリオンズに移籍。

1980年には白仁天に代わり左翼手の定位置を獲得。弘田澄男とともにチャンスメーカーとして活躍し、チームは同年、翌年と2年連続前期優勝(いずれもプレーオフ敗退)を果たす。1981年には初の規定打席(16位、打率.293)に到達、同年のオールスターゲームにも出場した。1982年以降は持病の皮膚病[1]に悩まされるが、1984年まで定位置を守る。しかし1985年には横田真之[2]、翌年には古川慎一と大学出の新人外野手が入団して出場機会が減少。1988年限りで現役引退。

引退後は、不動産会社や化粧品の販売会社に勤務、現在は警備会社に勤務。

会社員になっても球界との縁を切ることはなく、マスターズリーグ・東京ドリームスやモルツ球団にも参加している。また日本プロ野球選手会日本プロ野球OBクラブが主催する少年野球の指導にも力を入れている。また、プロ野球28会にも加入しており、「メジャーベースボールアカデミー」のコーチも務める。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1974 巨人 3 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1975 54 5 5 13 1 0 0 0 1 0 4 4 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
1978 44 10 9 3 1 0 0 0 1 0 1 2 1 0 0 0 0 2 0 .111 .111 .111 .222
1980 ロッテ 124 371 336 53 87 12 3 8 129 26 18 4 8 1 26 0 0 44 3 .259 .311 .384 .695
1981 127 568 516 65 151 15 7 10 210 63 17 8 10 5 34 0 3 30 9 .293 .337 .407 .744
1982 86 304 275 22 60 8 1 2 76 20 7 6 5 4 20 0 0 30 8 .218 .268 .276 .544
1983 78 294 268 36 65 9 2 7 99 13 7 4 6 0 20 0 0 22 4 .243 .295 .369 .665
1984 113 441 391 66 100 11 1 11 146 42 9 9 10 1 34 0 5 50 3 .256 .323 .373 .696
1985 93 190 171 25 31 4 1 4 49 18 2 2 4 1 14 0 0 12 3 .181 .242 .287 .528
1986 20 26 24 2 5 0 0 0 5 0 0 0 1 0 0 0 1 6 0 .208 .240 .208 .448
1987 71 133 119 9 30 6 0 2 42 15 2 5 2 1 10 0 1 16 2 .252 .313 .353 .666
1988 15 10 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .111 .200 .111 .311
通算:12年 828 2353 2124 296 532 65 15 44 759 197 67 44 47 13 159 0 10 215 32 .250 .304 .357 .661

表彰編集

記録編集

初記録
その他の記録

背番号編集

  • 59(1972年 - 1977年)
  • 38 (1978年 - 1979年)
  • 35 (1980年 - 1988年)

脚注編集

  1. ^ 庄司の場合は、手の皮が剥けるという症状。
  2. ^ 同年には有藤道世が右翼手から左翼手に回る。

関連項目編集