メインメニューを開く
日本 > 山口県 > 宇部市 > 床波

床波(とこなみ)は山口県宇部市の地名。現行行政町名は床波一丁目から床波六丁目。住居表示施行済み区域。郵便番号は755-0153(宇部郵便局管区)。

床波
JR床波駅(床波二丁目)
JR床波駅(床波二丁目)
床波の位置(山口県内)
床波
床波
床波の位置
北緯33度57分9.06秒 東経131度18分19.71秒 / 北緯33.9525167度 東経131.3054750度 / 33.9525167; 131.3054750
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Yamaguchi Prefecture.svg 山口県
市町村 Flag of Ube, Yamaguchi.svg 宇部市
地区 西岐波地区
人口
2013年(平成25年)10月1日現在)[1]
 • 合計 2,434人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
755-0153
市外局番 0836(宇部MA)
ナンバープレート 山口
※座標はJR床波駅付近

目次

地理編集

宇部市東部の西岐波地区(旧西岐波村)に属する。中央部を流れる沢波川の河口には床波漁港が立地し、南側は周防灘に面する。北から東にかけて及び南西で大字西岐波、西から北西にかけて宇部線を境にして今村南に接する。地内は床波駅を中心に商店や住宅が密集し、宇部市東部の市街地の中心をなしている。床波バイパス開通以前の旧国道190号(宇部市道)沿線には金融機関やスーパーマーケットが立地し、床波商店会を組織する商店街が置かれている。

河川編集

歴史編集

「床波」の名は江戸時代より既にみられていたもので、当時は現在の西岐波が床波村と呼ばれていた。町村制施行時に村名が「西岐波村」となることで床波の名前は地図上から一旦姿を消すもそれ以降も郵便局など各種施設に「床波」の名が残り、西岐波と床波の名前が共存していた。特に床波駅周辺一帯が「床波」地域と呼びならわされており、2006年の住居表示により床波の町名が正式に復活したことになる。

住居表示以前の地名編集

全域が大字西岐波に所属していた。小字は以下の通り。

  • 一丁目 - 旭町、新浦後、新浦東、港
  • 二丁目 - 権代西、栄町
  • 三丁目 - 権代東、
  • 四丁目 - 小路、白土
  • 五丁目 - 大番西、大番東
  • 六丁目 - 浦安、梶取、住吉、鍋屋、浜、浜東、向坂

沿革編集

  • 2006年平成18年)3月20日 - 大字西岐波より分立し床波一丁目から三丁目までが住居表示[2]
  • 2006年(平成18年)7月8日 - 大字西岐波より分立し床波四丁目から六丁目までが住居表示[3]

交通編集

鉄道編集

バス編集

  • 宇部市交通局 「床波」「西岐波学校前」「中学入口」バス停が置かれている。

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁別・自治会区別住民基本台帳人口 町丁別・自治会区別住民基本台帳人口(平成25年10月1日現在)(Excel:169KB)より、床波一丁目から床波六丁目までの合計。2013年12月15日閲覧。
  2. ^ 宇部市|第34次住居表示
  3. ^ 宇部市|第35次住居表示

外部リンク編集