床面積(ゆかめんせき、英語: Floor area)は建築物の各階又はその一部でその他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積[1]

各階の床面積の合計を延べ床面積という。

目次

概要編集

床面積は、建築基準法による建築確認の要件や防火上の構造の規制などに使用される。

区分所有建物においては、床面積は、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積による。各共有者持分は、その有する専有部分の床面積の割合による。(建物の区分所有等に関する法律第14条)

除外規定編集

ただし、自動車車庫、自転車駐輪のための施設に用いる部分は床面積に算入しない[2]と規定されている。

脚注編集

  1. ^ 建築基準法施行令第2条3項
  2. ^ 建築基準施行令第2条4項

関連項目編集