府中カントリークラブ

府中カントリークラブ(ふちゅうカントリークラブ)は、東京都多摩市にあるゴルフ場である。

府中カントリークラブ
Fuchu Country Club
府中カントリークラブ
府中カントリークラブの空中写真。
2019年10月13日撮影。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
所在地 日本の旗 日本
東京都多摩市中沢一丁目41番1号
座標: 北緯35度37分13.36秒 東経139度24分17.78秒 / 北緯35.6203778度 東経139.4049389度 / 35.6203778; 139.4049389
Nuvola apps kolf.svg 概要
開業 1959年昭和34年)11月3日
運営 メンバーシップコース
設計 富澤 誠造、横山 良(改修設計)
運営者 株式会社 府中カントリークラブ
Nuvola apps kolf.svg コース

OUT IN
HOLE PAR YARD HOLE PAR YARD
1 5 501 1 5 485
2 3 147 2 3 157
3 4 417 3 4 379
4 4 402 4 4 385
5 4 438 5 4 341
6 4 407 6 5 550
7 3 210 7 4 450
8 4 436 8 3 189
9 5 495 9 4 438
36 3453 36 3374

Nuvola apps kolf.svg その他
公式サイト 府中カントリークラブ
テンプレートを表示

概要編集

赤星四郎は、1953年昭和28年)7月20日、東京の銀座に、ゴルフ練習場とベビーゴルフ場を経営する「銀座ミネチュアゴルフ株式会社」を設立した、場所は銀座二丁目の銀座館ビルの屋上施設である[1]。しかし、設立から僅か2年で経営難に陥った、それを救ったのが札幌グランドホテルの社長・岩田彦二郎だった[1]。岩田は、「相模カンツリー倶楽部」(1931年(昭和6年)開場、設計・赤星六郎)の会員で、獅子文六岩田豊雄)の実弟である[1]。岩田は、銀座ミネチュアゴルフを買収し、銀座館ビルの屋上に4レーンのボーリング場レストラン、集会場、タウンクラブを造り、1,000名を超えるスポーツマンクラブを開設した[1]

岩田彦二郎は、新たなゴルフ場の建設に急展開した、1958年(昭和33年)3月、建設用地を東京都南多摩郡多摩村の約27万坪を決定し、コース設計を戦前の「武蔵野カンツリー倶楽部」(1926年(昭和元年)開場、1944年(昭和19年)閉鎖、設計・大谷光明、赤星六郎、)時代の知人である富澤誠造に依頼した[1]。銀座ミネチュアゴルフ社長の岩田は会長に退き、相模カンツリー倶楽部の佐藤享が社長に就任した[1]。同年10月、クラブの名称を「府中カントリークラブ」に決定し、同年12月、造成工事を着工し、翌1959年(昭和34年)4月、クラブハウスを着工した[1]

1959年(昭和34年)11月3日、造成工事が完成し、18ホール、6,840ヤード、パー72規模のゴルフ場が開場された[1]1965年(昭和40年)7月、創業理事長の佐藤享が退社し、二代目理事長に岩田豊雄が就任した[1]1965年(昭和40年)12月、多摩ニュータウン計画が発表された、八王子中心に912万坪、11万戸、41万人の大規模な計画である[1]1968年(昭和43年)8月、都知事美濃部亮吉が「農家だけに土地を提供を求めるものではない[1]。府中カントリークラブ、「東京国際ゴルフ倶楽部」(1961年(昭和36年)開場、設計・赤星四郎)も買収の対象」と講演会で発言した[1]

都知事発言により、府中カントリクラブは、18ホールのコースから練習場に、東京国際ゴルフ倶楽部は27ホールのコースから9ホールを買収された[1]。その後、1972年(昭和47年)、田中内閣が登場し、列島改造論で事態は一変した、地価が高騰し、東京都による府中カントリークラブの買収が不可能になり、九死に一生を得た[1]

所在地編集

〒206-0036 東京都多摩市中沢一丁目41番1号

コース情報編集

  • 開場日 - 1969年11月3日
  • 設計者 - 富澤 誠造、横山 良(改修設計)
  • 面積 - 622,208m2(約18.8万坪)
  • コースタイプ - 丘陵コース
  • コース - 18ホールズ、パー72、6,827ヤード、コースレート72.9
  • フェアウェー - コウライ
  • ラフ - ノシバ
  • グリーン - 1グリーン、シャーク
  • ハザード ^ バンカー、池が絡むホール
  • ラウンドスタイル - 全組セルフプレ、歩きプレー(手引きカート)
  • 練習場 - 30打席220ヤード
  • 休場日 - 毎週月曜日、12月31日、1月1日[2][3]

クラブ情報編集

  • ハウス面積 - 5,403m2(1,634.4坪)
  • ハウス設計 - 株式会社松田平田坂本設計事務所(現・株式会社松田平田設計
  • ハウス施工 - 戸田建設株式会社[2][3]

ギャラリー編集

交通アクセス編集

鉄道

道路

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「銀座の東京スポーツマンクラブが南多摩郡に建設した株式会員制コース」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年5月10日閲覧
  2. ^ a b 「府中カントリークラブ」、ゴルフダイジェスト、2021年5月10日閲覧
  3. ^ a b 「府中カントリークラブ」、ゴルフホットライン、2021年5月10日閲覧
  4. ^ a b 「府中カントリークラブ」、アクセス、2021年5月10日閲覧

関連文献編集

  • 『ゴルフ場ガイド 西版』、2006-2007、「府中カントリークラブ」、東京 ゴルフダイジェスト社、2006年5月、2021年5月10日閲覧
  • 『美しい日本のゴルフコース BEAUTIFUL GOLF CULTURE IN JAPAN 日本のゴルフ110年記念 ゴルフは日本の新しい伝統文化である』、ゴルフダイジェスト社「美しい日本のゴルフコース」編纂委員会編、「銀座の東京スポーツマンクラブが南多摩郡に建設した株式会員制コース」、東京 ゴルフダイジェスト社、2013年12月、2021年5月10日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集