メインメニューを開く
日本 > 大分県 > 大分市 > 府内町
大分中央通り、向って右が府内町、左が中央町。

府内町(ふないまち)は、大分県大分市町名郵便番号は、870-0021。

目次

地理編集

大分市中心部にあたり、大分市を代表する商業地区である。北を国道197号(昭和通り)、東を大手通り(遊歩公園)、南を国道10号、西を中央通り(大分市道中央通り線)に囲まれた地区で、北で荷揚町、東で大手町、南で金池町、西で中央町に接する。地区内は、南から北に1-3丁目に分かれる。

地区の西側の中央通り沿いを中心に商業施設が集積しており、府内五番街商店街が地区を東西に貫いている。一方、東の大手通り側には、大分県大分総合庁舎やコンパルホール等の官公庁や公共施設が立地している。また、地区の北部には、大分中央郵便局NTT西日本大分支店、大分銀行本店、大分合同新聞本社等の主要企業の本支店が多い。

歴史編集

府内町という地名は、大分市中心部の江戸時代までの旧称である府内に因むものである。 行政地名としては昭和38年に従前の大字大分の一部(通称で天神町・南新地・荷揚町南・中央町の一部・金池町の一部)から成立。

施設編集

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 44 大分県』角川書店、1980年1月